FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

インパクトからフォローにかけて

前回はトップでの切換し動作のお話でしたが、理解できましたか?今回が今年最終の更新になります。

切り返しで、手が右足方向に真直ぐ下がりながら体重移動をするという動作ですが、良く理解できないかもしれません。この動きは「マジック・ムーブ」と言われる目に見えない動きですので、良く練習して下さい。どうしても上手く出来ない場合はご連絡下さい。

さてトップから切換し左腕が地面と平行になる位置まで下がりました。ここからインパクトする体勢ですが、これ以降も腰主導で体重が左に移りながらインパクトします。しっかり肩が入ったトップから手が真下に下がり、腰主導で体重移動が行われていますので、インパクトまではインサイドにクラブが振られます。

インパクトゾーンと呼ばれる「シャフトが地面と平行になるインパクト前の位置から、インパクトにかけてさらにシャフトが地面と平行になるインパクト後の位置」では必ず腰が先行していなければなりません。またシャフトが地面と平行になるインパクト前と、シャフトが地面と平行になるインパクト後で「シャフトは目標」を指さなければ正しいインサイドアウトイン軌道にはなりませんしボールは真直ぐ飛びません。

インパクトでは肩がボールに正対し、腰が開き体重が左に移っています。(左軸で回転)この時に大切なことはルックアップ(ヘッドアップ)と言われる目標を早く見すぎる=頭を動かす=早く起き上がる動作を抑えることです。

頭は軸の中心と言う考え方がありますが、インパクトで頭が動いてしまっては折角のパワーがボールに伝わりません。

インパクト時の頭の位置は「Behind the Ball」という言葉の通り、頭は常にボールの手前=後方にキープしておく必要があります。インパクト時に、頭が目標方向に動くことによりスウィングミスやパワーロスが起こるのです。

トップで右軸に乗り、インパクトで元の位置に戻り、インパクト後は左軸に乗っていきます。これでインサイドアウトインの正しい軌道でボールをヒットできるのです。

インパクト以降の起き上がり動作の考え方は、スウィングが速い場合(長いクラブ)では、頭(体)が起きるタイミングが自然に遅れます。一方同じリズムで振っても、AWやSWなどの短いクラブはゆっくり振ることになります。このようなスウィングでは、しっかり頭を残してと言うより自然に頭(体)を上げた方が良いでしょう。

トッププロのインパクトからフォローにかけての写真が雑誌に載っています。腰は肩より早く開いており、頭は残っています。そして両腕はしっかり伸びて目標を指しています。インパクト後は肩より腰が早く回るため、グリップエンドがへそを刺していることに注目して下さい。

宮里藍プロ
A.Miyazato


この後は腕が伸びたままフォローをとり、体が自然に起き上がります。そして最後は脱力したフィニッシュで、左足に100%乗った体勢で静止します。うーん!これはナイスショットですね。


明日からチェンマイに移動です。
2012年は皆様には大変お世話になりました。
2013年が皆様にとって飛躍の年になりますように。
来年もよろしくお願い致します。

スポンサーサイト



トップからの切換し動作

前回に引き続きます。

しっかりと肩が入ったトップ=左肩が顎の下に収まることは、体重が全部右にかかることを意味します。でも頭は元の場所にあります。右軸に乗ると言うことは、直線運動で腰が右に流れやすくスウェーしやすい動きですが、右足・右膝を絞るなどの工夫でスウェーしないように注意しましょう。腰を止めずに上体に引っ張られて回転する動きをすればよいでしょう。バックスウィングはあくまでも主体は肩です。

トップの右手の位置は「そば屋の出前」に収まります。右耳の横上でしょうか。セットアップポジションからのスタートは、左肩からバックスウィングが始まるイメージです。トップ近くで少し減速しながら停止に近い状態に手が収まり、クラブヘッドも一瞬ですが停止します。

ここから切換し動作が始まり、ヘッドはインパクトに向かって行きますが、今日はトップでの切換し動作のお話をします。

トップからの切り返しで注意しなければならない点は、いきなり手つまり上体から切り返さないことです。上体からボールを打ちに行きますと間違いなくアウトサイドイン軌道になります。つまり上体が被って入ってくるため、スウィング軌道がダウンスウィングで「インサイド・アウト・イン」にならず、「アウトサイド・イン」になるため、目標にヘッドが出て行かず、目標の左に振る軌道になってしまうのです。

この結果ボールは最初から真直ぐ左に出るプルフックないしは、左に出た後右にスライスするボールになってしまいます。目標に対して正しくスタンスを取っているのに左しか行かないボールになってしまうのです。

これを修正するには、切換し動作を学ぶ必要があります。どのようにするかと言いますと、以下のようになります。

1.正しいトップでしっかり右に乗っていること
2.トップでほぼ静止したポジションから手を右足方向に垂直に下げる
3.2.の動作をしながら腰を回す=体重を左に移すこと

2.の状態では手がハーフショットに近いポジション=腕が地面と平行まで下がっていますが、肩はトップの位置から大きく動いていません。バックスウィングの主体である肩が、トップでの切り返しで腰に主体が移ったのです。

切換しが始まり、主体となった腰は動き=左軸への体重移動が行われ、ほぼボールに正対しているポジションまで行きボールをヒットします。腰が先行している関係で、インパクトのポジションは「腰が回って体重が左にかかった状態」であり、「肩はボールに対してほぼ正対」の状態になります。

これはトップからダウンスウィングにかけて、左に踏み込みながら左軸でインパクトするということと同じことです。

正しいインパクトが理解できましたか。トップからの切換し動作が、正しく行われない限りスウィング軌道は真直ぐにならないことを理解して下さい。

切り返しの「手が下がる動作」同時に「腰が動く動作」は近くで見ていても良く見えません。ですがこのような動きがスウィング中に切換し動作として起こっているのです。

近くで見ていても良く見えないからでしょうか?この動作はアメリカンメソッドでは「マジックムーブ」と言われています。アメリカではこの動作を身につけるための専用の練習器具が販売されています。それ位この正しい切換し動作は練習する価値があるということなのでしょうね。

次回はインパクトからフォローにかけてです。

バックスウィングとダウンスウィング その1

バックスウィングで上手くタイミングが取れない場合があります。

バックスウィングの考え方は、インパクトするための準備動作です。バックスウィングで体重を90%右に移し反動をつけます。体重が右に完全に移った状態から切り返し動作に入ります。この時完全に右に移ることが出来ず、左に体重が残ったまま切り返す場合やトップの手の位置が低い切換し動作がミスにつながっています。

ゴルフ以外の動作では、物を遠くまで投げる時や物を打つ時は、全て反動をつけています。この反動をつける動作が正しく出来ていないため、ダウンスウィングからインパクトが正しく出来ないと言うことになります。

体全体が右に流れてしまうスウェーをしないよう気をつけて、トップを作ろうとするあまり左荷重になったままのトップ「リバースビボット」からダウンスウィングを始めても、当たらない・遠くまで飛ばないと言うことになります。

バックスウィングは肩から始動します。左肩を「ポン」と押されて肩が回り出す=右に動き出す=スライドする感じです。腰は肩から遅れて動き出します。スウィングのスタートは、あくまでも肩が優先です。肩は最終的に90度回り左肩が顎の下に入ります。

ですがバックスウィングで肩は、最初から最後まで同じタイミングやスピードで90度まで来ません。どういうことかと言いますと、肩が45-60度位回った時、シャフトが地面と平行になりシャフトは目標を指しています。この後クラブを持ち上げる動作により肩が入りながら手が(グリップ)上に上がって行きます。

バックスウィングでシャフトが地面と平行になったら、肩を回しながらクラブを持ち上げると言った複合的な動きになります。持ち上げた右腕は最終的にトップの形「そば屋の出前」に収まります。

スタートして肩がスムーズに回り、後半部分でスピードダウンしながらクラブを持ち上げトップを作る。この時点で体重はすでに90%右に移動していなければなりません。

手打ちスウィングとは、腕でクラブを持ち上げ、上半身主体でインパクトすることを言います。このタイプのスウィングでは、肩がスムーズに回っていないケースが多く体重移動をスウィングに反映できません。腕だけでクラブを操作しようとするため、バックスゥイングでの肩が回るタイミングが遅い場合が殆どです。バックスウィングはスムーズに肩を回し正しいトップを作りましょう。

トップまで動きの主体であった肩は、トップでの切換し動作から腰に移ります。トップで主役が交代する仕組みは次回にお話します。

ロータスバレーゴルフリゾート その2

先日コースレッスンでプレイしたロータスバレー・ゴルフリゾートは、コースの全面改修後、素晴らしいコースに生まれ変わっていました。

総合的に施設の配置などのバランスが良く、良好な施設全てが揃っています。またソフト面についても良く研究・訓練されていると実感しました。

ソフト面ではキャディの対応がよく問題になります。ここは良く訓練されています。嫌味が無い対応です。多分オープン時にこちらにいらした日本人プロが教育訓練にご尽力されたからだと思います。日本人受けするサービスが随所に見られましたね。レストランは委託なのでしょうか、または直営なのでしょうか。サービススキルには感動しませんでした。

コースやハウスのデザインなどは、最初に決まります。土木や建築作業は、計画や図面にそって実際に作業を行います。ですが完成後それをどのように運営しサービスを提供するかはオーナーまたは管理者のコンセプトや経営ポリシーで大きく変わってきます。ただ箱物を作って、さあ集客しましょうと言うようにはならないのです。

クラブハウスは構築物としての主張が強くなく嫌味がありません。ハウスは吹き抜けです。エントランスからパッティンググリーンと周りの景色が溶け合って写真のようにも見えます。ロビーはゆったりしています。右手がショップ、左手がロッカーです。ロッカールームも綺麗ですし、ロッカーも大きくゆったりです。

特筆はロッカールームに日本式風呂があることです。シャワー=洗い場は6-7個でゆったり入れる浴槽があり豪華です。浴槽内のタイルが黄金色できれいです。日本式浴槽はコース改修前のバンプラGCにありましたが、現在タイではここロータスバレー・ゴルフリゾートにしかないのではと思います。

レッスン受講者のKさんとゆったり風呂に入りながら、ラウンドの疲れを癒すことができました。

レストランの料理はタイ・インターナショナル・日本料理と充実しています。味はどれも美味しく感じました。一般的にゴルフコースのレストランは、タイ日本に関係なく「高くて不味い」が相場です。ここのレストランはちょっと違いました。

ここは美味しい料理を堪能しながら、ゆったりくつろげるオアシスのような場所でもあります。勿論ビールを頂きながらです。今回はJapan`s NO.1 Beer 「アサヒ・スーパードライ」を頂きました。本当に美味かったですね。

このコースはバンコク市内から少し離れている関係で、遠いというイメージが定着している感があります。でも往復のルートを選べば約一時間ちょっとで到着します。

しっかりとしたコースやハウスなどのハード、キャディやレストランに代表されるソフトはいずれも及第点以上のものがあります。是非皆さんも足を運んでみて下さい。きっと満足されると思います。