FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

映画 Bobby Jones : A Stroke of Genius

皆さんは、映画Bobby Jones: A Stroke of Genius(ボビー・ジョーンズ 球聖と呼ばれた男)をご覧になりました?2004年製作のアメリカ映画です。ゴルフ映画は沢山あるように思いますが、殆ど見当たらず貴重な一本です。

ボビー・ジョーンズ、本名Robert Tyre Jones Jr. (1902-1971)は、全米オープン、全英オープン、全米アマ、全英アマと 当時のメジャートーナメントを全て同じ年(1930年)に優勝した唯一人の年間グランドスラマーです。1923年に最初のメジャー優勝となった全米オープンに勝ってから、1930年までの僅か8シーズンの間にメジャー優勝13回(全米オープン4回、全英オープン3回、全米アマ5回、全英アマ1回)という偉業を成し遂げたアマチュアゴルファーなのです。

日本では球聖ボビー・ジョーンズとして有名です。

この映画の見所は二つあると思います。一つ目は、1910-1930年代当時の世相(ゴルフ環境やゴルフクラブの様子)を知ることが出来る点です。当時のシャフトは、現在アイアンで一般的なスチールシャフトやドライバー等で使用されているグラファイトではなく、木製=ヒッコリーシャフトが使用されている点です。

このシャフトでティショットを250ヤード以上飛ばしていたとは、とても信じられない心境です。ボビー・ジョーンズのスウィングは流れるような華麗なスウィングで(そうではないと言う意見もあります)、積極的にリストコックを使ってヘッドスピードをアップしています。グローブは使用していないのが分かります。当時グローブはまだ普及していなかったのです。

ウェアも現代ゴルフと随分違います。ネクタイ着用なんですね。

もう一つの見所は、ボビー・ジョーンズ個人のゴルフに対する向き合い方です。子供の頃からプロのゴルフ特訓を受けていたのではなく、自発的にゴルフをしながらゴルフ技術を身につけて行った様子が分かります。病弱なボビーはゴルフしかさせてもらえなかったのです。

球聖ボビー・ジョーンズも人の子です。アマチュア大会で上位に入るにつれて、メンタルの重要度が増してくるのがよく分かります。当時のアメリカでは、失敗すればクラブを芝に叩きつけたり放り投げるなど、自分のミスを怒りに表す行動をとっています。ボビー・ジョーンズもそうでした。

しかしある試合でボビー・ジョーンズがミスをしたあと放り投げたクラブが、ギャラリーの女性の足に当たってしまいます。この事故のあと、USGAから試合に対する出場停止処分が言い渡されます。そして彼はこのような感情を抑えきれない行動は、慎まなければならないことを悟るのです。

この後彼は、完全なジェントルマンに徹し、以前のような行動を取ることはなくなりました。しかしやはり試合で戦う心にかかるプレッシャーに苦しみます。この頃には足も悪くなっており、必ずしも万全状態で試合に臨むことは少なくなっていたのです。

1930年彼は成し遂げました。全米オープン、全英オープン、全米アマ、全英アマのメジャータイトルを手中に収めたのです。そして目標を達成した後あっさりとゴルフトーナメントから引退したのでした。

現在は全英オープン・全米オープン・全米プロ・マスターズが4大タイトル=メジャーですが、ボビー・ジョーンズは、地元オーガスタに住み弁護士をしながら、アマチュアゴルファーとしてゴルフを楽しむと同時に、ゴルフコース:オーガスタ・ナショナルを作りました。マスターズの創設とその後の発展に大いに貢献したのです。

映画では「知性と教養に富む、フェアプレーとスポーツマン精神の持ち主であった」ことが良く理解できます。これらのことは、アマチュア・プロに関係なくゴルファーとして大いに参考になるべき点です。「ゴルフに対する向き合い方」「ゴルフに真剣に取り組む姿勢」は、すべてのゴルファーの指標になると思います。

まだ見ていない方は是非ご覧になって下さい。

スポンサーサイト



コースマネージメント(刻むこと)を覚える

コースマネージメント(刻むこと)を覚える
「親父の一言」2012年10月から


レッスンでコースに行きますとコースマネージメントが間違っている事を良く見かけます。

パー4のホールでティショットが曲がってしまった時、2打目が深いラフにあるにもかかわらず、ボールの状態や難易度を考えずグリーンまでの距離だけをチェックしすぐ打ってしまいます。

深いラフから直線的にグリーンを狙い、ミスが連続する場合があります。結果的にラフからラフを渡り歩き、大叩きになってしまうのです。

今のような時期は雨が多いため、地面が緩んでいるため機械で芝を頻繁に刈ることができません。そのためラフは延びています。このような状況で、芝のヘッドにかかる抵抗やヘッドとボールの間に芝が入りスピンコントロールが不能になるフライヤーなどのリスクを考慮してショットをする必要があります。

ラフに入った場合は、まずはボールが打てるのか打てないのかを判断しなければなりません。その後に芝の抵抗やリスクを考慮した上でグリーンを狙うのか、一旦フェアウェイに出して3打目でグリーンを狙う(刻む)のかを決断します。

もし刻む選択をした場合は、次のショットの目標・距離・球筋を決める必要があります。そしてその目標に対して使用するクラブを選びショットをします。刻む場合は距離の欲張りは捨てなければなりません。

刻むと決めてグリーンまでの距離がフェアウェイに50ヤード残った場合と距離を欲張って30ヤード残ってラフやバンカーに入った場合では、スコアメイクに大きな差が出てしまいます。

同様に池越えで刻む場合なども池ぎりぎりではなく、余裕を持って刻むべきです。池ぎりぎりは池側に傾斜していることや池に入った人がドロップする場所でライの状態が良くないことが多く、ミスにつながることがあるからです。

コースマネージメントとはスコアメイクを前提とした、ショットの計画であり闇雲にグリーンを狙うことではありません。勿論練習場で練習したことがないような難易度の高いショットをすることでもありません。

刻む(レイアップ)ことは恥ずかしいことではありません。自分の技術に見合ったスコアメイクをするための賢明な方法と理解して下さい。



年末年始レッスンのご案内

毎年年末12月24日から年始1月4日はチェンマイでレッスンをしております。チェンマイは冷涼で快適なゴルフが出来ます。是非チェンマイにおいで下さい。

年末年始はチェンマイ(BLOG)
http://thaigolflesson.blog73.fc2.com/blog-entry-272.html

真直ぐ飛ばないのは?

ボールはなぜ真直ぐ飛ばないのでしょうか?

ドライバー(1W)のフェース形状を見ても分かるように、真直ぐなフェースではなくバルジといわれる曲線形状のフェースになっています。各メーカーはゴルファーのスウィング特徴を研究して芯を外しても真直ぐ行くクラブの開発を続けてきました。多くのゴルファーがスライサーであることから、スライスを出来るだけ抑えるクラブの研究・販売を行ってきたと言っても良いでしょう。

このようなメーカーの努力(?)にも拘らず、なぜショットが真直ぐ行かないのでしょうか。

一言でいえば、スウィング軌道がずれているからです。そしてインパクトゾーンで手を捏ねているからなのです。

具体的には、上体中心のスウィングであればどうしてもアウトサイドイン軌道になりやすいのです。インパクトでフェースが遅れて入った場合は、フェースが開くためスライスです。もしインパクトでフェースが被れば左に真直ぐ行くボールになります。この場合は、上体中心スウィングから腰を主体としたスウィングに直す必要があります。

ダウンで腰から始動するようになれば、余程手が外から降りてこない限り、緩やかなインサイドイン軌道になります。インパクトからフォローにかけてヘッドが目標を向くスウィングになるのです。このような軌道であれば、多少フェースが目標からずれていても、出球は真直ぐです。出球とはインパクト後に飛び出す方向のことを指します。

スライサーやフッカーの人達のほとんどは、出球の方向がずれています。スウィングの向きをまず修正することが必要です。この部分を修正しないとスライスもフックも直りません。

あと、手を捏ねている場合です。

最も重要なのがインパクトゾーンです。インパクトゾーンは、セットアップからバックスゥイングでシャフトが地面と平行になり、目標を指す場所がインパクトの入り口になります。ダウンスィングで上から降りてきて、シャフトが地面と平行になる場所も同じ場所です。

そしてインパクトします。腰が回転し体重移動が行われたインパクトです。上体は正対しています。右肩が前には出ていません。ここでは両腕が伸びています。

インパクト後のフォローです。ここではまだ頭は残り、腰が先行しています。腕が伸びてシャフトが地面と平行になり、目標を指す地点、ここがインパクト出口です。

セットアップ・バックスウィング(インパクト入り口)・インパクト・フォローで手は直線的に動く必要があります。目標に対してです。手が真直ぐ動くとは、簡単に言えばスタンス(目標)の方向に沿って、両手が真直ぐ動くことです。手が上に上がれば自然に内側に入ってきますが、インパクトゾーンでは目標に対し真直ぐ動く必要があります。

この場合は構えた自分の手の形が変わりません。構えた形でバック・インパクト・フォローなのです。これは、セットアップ・インパクト入り口・インパクト・インパクト出口で、フェースの向きがオープンクローズにならないと言うことと同じことです。勿論インパクト直前でヘッドが手を追い越す動き=ヘッドターンは不可欠です。

インパクトゾーンで、手が動くスピードとヘッドが動くスピードは手が遅くヘッドが圧倒的に速い事を理解する必要があります。ゆっくり振るとはこのことを指します。

ゆっくり振られた、緩やかなインサイドアウトイン軌道が、ストレートボールを打つ決め手になります。真直ぐ飛ばない方はこの基本的な動作を是非やってみて下さい。ストレートボールは、インパクトゾーンの基本動作で簡単に打てるようになります。

親父の一言 2012年9月

「親父の一言」2012年9月

練習場での練習方法

練習場ではコースでプレイするため・スウィングを形成し固めることを主な目的とします。

どのように練習するかその方法です。

1.フルショットでは、アイアンで100ヤードの距離を打てることです。この距離がフルショットの基本になると思います。真直ぐに飛ぶようチェックして下さい。アイアンショットの基本は、ダウンブローです。トップで曲げた右腕を真直ぐ下に伸ばすことです。ボールの左を打つことを練習して下さい。

2.スコアメイクに必要なアプローチです。20-50ヤードを中心にします。スウィングは小さくして下さい。大きく振ってインパクトで加減するスウィングは、一番ミスを誘発します。

3.練習場ではどこに打っても構いませんが、ターゲットを決めてから打つようにします。漠然と打つのは体をほぐすということでは良いですが、練習効果は半減します。必ずどこに打つかを決めてショットして下さい。

4.打つまでの手順を決めて下さい。「セットアップルーティン」という言葉があります。これはボールの近くに立ってからショットを終了するまでの手順のことです。ボールに向かい合う時は、一定の手順に沿ってセットアップを完了します。そしてすぐ打ってしまうことです。ショットを開始する直前やスウィング中は、何も考えてはいけません。考えることがミスに直結するからです。

5.練習場で自主練習をして、上手く当たらずスウィングを壊す場合があります。むきにならず、そのような時はアプローチの練習に切り替えて下さい。ゆったりしたリズム・柔らかいグリップ・左右対称スウィングが基本です。

練習は自宅でも出来ますし、日常生活にゴルフのちょっとした動作を取り入れることをお勧めします。なぜならば、ゴルフスウィングの体の動かし方は日常生活にないものだからです。

頭を壁につけてスウィング、体重移動を実感するなど様々な方法があります。いつでもこのような動作が出来るようにすれば、少しずつ体が自然に動くようになってきます。

ゴルフスウィングは非日常的な動きです。練習場でレッスンを受けても、すぐ体が動かないことをもっと認識して下さい。