FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

タイの正月ソンクラーン

タイの正月ソンクラーンは、一年で一番暑い時期になります。

ソンクラーンはタイ王国において最も注目を集めるお祭りの1つであり、タイ王国だけでなくミャンマー、カンボジア、ラオスにおいても祝われています。

‘ソンクラーン’はサンスクリット語を起源に持つタイ語であり、太陽が次の黄道帯に入ることを意味します。また‘ソンクラーン’は伝統的なタイのお正月をも意味します。正式な名前は‘マハ・ソンクラーン’(大ソンクラーン)といいますが、普通は簡単に‘ソンクラーン’とだけ呼ばれていて、4月13日に始まり15日に終わります。

ソンクラーンの儀式や行事、習慣などはそれぞれの地域や時代によって少しずつ違います。下記は一般的なソンクラーンの過ごし方です。

‘ソンクラーン’の第1日目、4月13日の朝早く、若い人も年をとった人も皆新しい服を着て、自分たちの村や地域にあるお寺や僧院に行って、僧侶に食べ物を奉げます。寺院の敷地には長い机が置かれ、その上には喜捨のためのお鉢が並べられます。そのお鉢に人々はご飯、果物、お菓子など様々な食べ物を入れます。

第1日目の午後には、仏像を洗う儀式があります。この儀式の後には、水掛け祭りが行われます。また若い人たちは、目上の人や尊敬すべき立場の人のもとを訪れ、尊敬の念を表し彼らから祝福を受けます。年下の人は年上の人の手のひらによい香りのする水を注ぎ、地方によってはタオルやその他の入浴に必要なものを贈ります。以前はこの時に実際に入浴が行われ、年下の者が年上の者の入浴を手伝い、古い洋服から贈り物である新しい洋服に着せ替えていました。この一連の行為は新年に目上の者に対して敬意を表すもの、とみなされていました。

もう1つソンクラーン祭りの間にしなければならない事は、‘バンサクン’と呼ばれる、亡くなった人を偲ぶ宗教的な儀式があります。人が亡くなって火葬された後、残された灰と骨は埋められます。そして‘ソンクラーン’の日に、灰と骨が埋められた場所で、僧侶によって亡くなった人を偲ぶ儀式が行われます。

‘ソンクラーン’の3日間の間、人々、特に若い人々は、お互いに水を掛け合って楽しみます。

‘ソンクラーン’の間に水を掛け合うのはただ楽しみのためだけでなく、次の耕作期に十分な雨が降るように、という願いも込められています。言い伝えによれば、‘ナガ’という神話上の蛇が海で水を吹き出しながら遊ぶことによって雨が降る、と言われています。蛇が水を吹き出せば吹き出すほど、より多くの雨が降るのです。若い人達は‘ソンクラーン’の最後の日が過ぎても、もし雨が降り始めない場合には、歌い、踊りそして水掛けを続けます。 タイ王国大使館カルチャーコーナーより

ちなみにこの期間のゴルフ場はいつもの平日と言う感じで混雑していません。但し13日(金)は祝日料金です。

スポンサーサイト



洪水でクローズのゴルフコース その後

先日プレジデントGCでプレイしました。

プレジデントは、著名なコース設計家であるRトレントジョーンズJr.設計です。堂々とした36ホールは、初心者の人にも開放感があり、レッスンに使っています。コースは平坦ですが大きなうねりがあり楽しめます。グリーンは一般的には速い部類に入ります。

こちらのコースのキャディの制服はピンクの上下ですが、先日水色の制服のキャディがいました。

不思議に思って尋ねたところ、ドンムアン空港近くのロイヤル・タイエアフォース(トゥパテミー)GCのキャディだそうです。理由は未だ洪水被害から回復せず、クローズしている為とのことでした。

ロイヤル・エアフォース(トゥパテミー)GCは時々遊びに行くコースです。バンコク市内から近く、アパートから30分程度で到着します。タクシーでは片道200B位と至近です。コースは平坦で全く起伏がありません。洪水が押し寄せれば一番最初に被災するような平坦地です。丁度日本の河川敷コースのような感があります。

被災したコースのキャデイの他コースでの勤務(出稼ぎ状態)このような状況は他にもあるようです。

未だクローズは、ムアンエイクVISTA、ロイヤルタイ・エアフォース、ドンムアン空港滑走路内のカンタラットGC、バンコクゴルフなどで、市内に近い北部ランシット周辺のコースが被害が大きかったことが分かります。

ムアンエイクは再開するようですし、クローズ中のコースも順次オープンすると思います。それまではクローズ中のコースのキャディは、どこかのコースで一時的に働くしかありません。一日も早く再オープンできることを希望します。

マットや芝が打てない

ゴルフレッスンで練習場のマットが打てない人が多い気がします。

レッスンはアイアンでスウィング形成していますが、ショットはフルショットとイメージショット(アプローチ)に大別されます。マットが打てないのはフルショットもアプローチでも同じです。

ナイスショットをするには、アイアンをダウンブローに打たなければなりません。最下点はボールの左にありますので、ボールの直近にクラブヘッドが入り、ボールをフェースに乗せたあとヘッドはさらにボールの左を削ることになります。

実際にコースではボールの左の芝が削れたり、ターフが取れたりします。このように打ち込まなければ正しいスピンがかからないため、飛距離や高さが出ません。ダウンブローに打つことは、フェースにボールを乗せるためとも言えます。

でもどうしてもボールだけを打ってしまうんですね。トップボールです。その原因はボールを打とうとするからでしょうね。スウィングイコールボールを打つと理解していますが、ちょっと違いますね。

トップになって芝を打てない最大理由は、インパクトで体とボールの距離が離れることにあります。詳しくは、セットアップで保たれた体とボールの距離がインパクトで体が起き上がるなどの理由で離れてしまうのです。インパクトゾーンで手が上方向に行ってしまったり、早く左腕が曲がったりした場合は、体(手)とボールの距離が遠くなってしまいます。

前傾姿勢が早く解除になった場合は、マットや芝を正しく叩くことが出来ません。ヘッドアップと言われる動きはそれだけでは問題ありません。が、ヘッドアップしボールの行方を見る動きが、前傾姿勢を解除する動きと同じタイミングになる、または前傾姿勢を解除する動きを助長する傾向があるため、ヘッドアップはやめましょうと言われるのです。

ヘッドアップのタイミングを遅らせればよいのです。前傾を解除した後ボールを追いかける動きは問題ありません。これはボールをしっかり見てヒットすれば解決します。

もう一度確認です。正しくボールを打つことは芝やマットを叩くこととです。芝やマットを叩かなければボールがヘッド(フェース)に乗りません。インパクトゾーンでは、体とボールの距離が変わらないよう注意して下さい。