FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

目を瞑ってもパットは入る

この度の東北関東大震災により被災された方々に、心よりお見舞い申しあげます。一日も早い復興を祈念致します。



ゴルフで1-2mのパターが入らないときがあります。真っ直ぐなラインと信じて打ってもカップを入りません。

タッチが合わず、カップに蹴られることもあります。こんな時は、「今日は運がない日」と割り切るようにしています。

皆さん、ラウンドが終わった後、パター練習をしたことがありますか?

ゴルフ上達の秘訣は、予習より復習と言われています。次回に向けて、パターで今日の反省をしてみて下さい。

ところで、1-2mの話ですが、目をつぶって打ったことがありますか?

目を開けてパットするより、目を閉じてパットした方が入るような気がします(するときがあります??)

練習では何回もやったことはありますが、本番ではさすがに勇気が要ります。それから最初からカップを見たまま、数回素振りをし、その後もカップを見たまま、ボールを見ないでヒットするというのもあります。

「ボールを目で追う、それによってスウェーしてしまう」つまりインパクトの際に軸がぶれ、打点が変わることを防止するため、ヒットした後ボールを追わない、ヒットした後、ボールを見ないという方法です。

その極論が、「ボールを見ないでヒットする」なのです。

どんなものか是非お試し下さい。


レッスン受講者への4月のスケジュール連絡
「親父の一言」から

スポンサーサイト



身体の調子が.....

どうも最近からだの調子が良くありません。

何がどうなのかと言いますと。身体(上半身)がガサガサして痒いのです。

普段から日光に当たっていますが、レッスンをしているスクンビットのTEE-OFF練習場は何を間違ったのか、西向きに設計されています。午後からの強い日差しが、ガンガン入ってきます。

午後2時から5時半頃まではものすごいです。本当に暑いのです。直射日光が当たれば暑いのは当たり前ですね。ましてここはタイですから、日本より赤道に近いため余計日光の強さを感じてしまいます。

レッスンのない日は、練習でコースに行きます。プレジデントCCに行くことが多いのですが、こちらも暑いですね。風があまりありません。割合と涼しいのは、コースレッスンでも使用しているバンパコーンリバーサイドGCです。海に近い関係で風があります。特に午後からは結構涼しくなりますので、快適です。

まあこのようなことで、いつも直射日光に当たっているわけですが、特に日光に対するケアをしてきませんでした。ほんの少し日焼け止めを顔に塗る程度です。

身体(上半身)が痒いのは、直射日光にあたっているからではないと思いながら、色々薬を使ってみました。でも中々改善されませんでした。

また、頭も痒いのです。

そこで、仮定をしてみました。「これは直射日光が原因ではなく、皮膚=体の老化現象ではないか?」と。

頭が痒いのは汗を多くかくのではなく、シャンプーで頭を洗いすぎていることが考えられます。シャンプーの後は全くケアがなく、髪が短いこともありそのまま乾かします。一日二回のシャンプーです。

身体は蕁麻疹のような状況になりました。身体全体ではありませんが、首を中心とした部位や背中です。薬を塗ったときはまあ良くなりますが、何かしっくり来ません。

そこで皮膚の老化を前提に、コラーゲンを摂取してみました。1500mgを毎日です。夜はプロポリス入りのロイヤルゼリーをワンスプーン、一ヶ月近く続けてみました。

今までガサガサの肌が、赤ちゃんのようにツルツルです。(笑)

冗談はともかく上半身の痒みもなくなりましたし、肌もしっとりした感があり、全く痒くなくなりました。

頭はシャンプーの使用を一日一回にし、もう一回は水で洗うだけにしました。シャンプーを使用したときは、強くこすらず、軽く洗うようにします。その後ジョンソン・ベビーオイルを頭に少しつけ、マッサージします。これでさっぱりします。乾いた後はしっとりです。

結論は、老化と石鹸による洗いすぎで保湿成分が不足してしまったことでしょうか。コラーゲン成分が不足していたことと頭を洗いすぎていたことが原因だと考えられます。

体調も良くなりました。これから始まるタイの暑い季節も問題ありません。