FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

今日のバンコク

今日のバンコクの天気です。

朝から晴れてはいますが、乾季の真っ青な空ではありません。雲が多く時折太陽が顔を覗かせる状況です。

もう11月も中旬になりましたが、乾季に入ったという実感はありませんでした。が昨日くらいから朝晩少し寒く感じるようになりました。待望の乾季入りです。

ここしばらくは最高気温30度以下で最低気温が20度くらいになる予報です。

バンコクを含むタイ全国で乾季になるとビアガーデンがオープンします。ビアガーデンと言いますとバンコクのセントラルワールドのビアガーデンが有名ですが、いたる所でオープンしています。市内を走る高速道路下の空き地を利用した場所やスーパーやデパートのの駐車場や入り口付近で、バンドが入り遅くまでオープンしています。

日本人の感覚からしますと、ビアガーデンは一番暑い時期にオープンするという感覚がありますが、タイでは少し涼しくなってからなのです。というより雨が降らなくなるからなのでしょうね。

例年ですと、これから3ヶ月は雨が降りません。毎日晴天が続くはずです。でも世界は異常気象ですから必ずしもそういうことにならないかもしれません。

雨が降らないと空気が乾燥すると同時に所謂スモッグで市内がぼんやりしてきます。排ガスなどで微粒子が浮遊している状況となり、何か息苦しく感じます。

人間は時々は雨が降って欲しいと感じます。空気が綺麗になるからです。

ゴルフ場の芝も生育のために時々はお湿りを欲しいと思うでしょう。これからどんどん乾燥していきますので、芝の色で管理面の善し悪しが判断されてしまいます。グリーンキーパーをはじめ芝を管理する人たちは大変です。

バンコクの天気
http://www.wunderground.com/global/stations/48456.html

スポンサーサイト



雨季から乾季へ

11月に入りようやく朝晩がすごしやすくなりました。そう雨季から乾季に入ったのです。

が、今年はいつもと違うような気がします。11月に入り数日間は少し涼しくなりましたが、すぐ暑くなり、それも暑季のような暑さです。どうしたのでしょうか?

今世界中が異常気象のようです。今年は台風が特別な動きです。

フィリッピン周辺の海上で発生する台風の進むルートが違います。いつもは北東方向に進み、日本を目指す台風が今年は北西に迷走しています。

台風被害の少ないベトナムやカンボジア、ラオスなどで被害が大きくなっています。フィリピンでも北東方向に進んだと思いきや逆走しフィリピンに再上陸してしまったケースもありました。

タイも世界の異常気象による天候不順の影響が出ているようです。今後の気象状況にはいつもより気を使ったほうがよさそうです。

今年のタイの年末のゴルフ界は、不況ということでシーズンに入っても料金の上昇幅が少ないようです。例年ですと10月末でスポーツディが終了するはずですが、今年は11月に入っても期間が延長されているコースがあり、ゴルフシーズンインなのにオフのような雰囲気があります。

世の中はそれだけ不景気なのでしょう。

タイ社会の面白いところ(?)は不景気何のそので、平日コンペが沢山開催されています。日本の社会、会社では不景気にゴルフコンペというと、何か自粛しなければ世間体が悪いような雰囲気がありますので、景気が悪くなればすぐコンペが減ってしまいます。

ある意味、日本もタイのような「太っ腹」を見習うべきなのでしょうね。

景気が悪いときこそビジネスチャンスはありますし、沈んでばかりもいられないと思います。発想の転換にも大いにコンペをやったらよいと思います。でも参加者は少ないでしょうね。

本格的な乾季は、2-3ヶ月雨が降りません。大勢のゴルフファーがタイを訪れます。これからコースは混雑してくるでしょう。

11月の一言

レッスン受講者のためのコースレッスンご案内を毎月行っています。その中の今月の一言です。

11月の一言

練習場ではできるのに本番ではできない方へ

練習場では最高条件の中でボールが打てます。傾斜もなし、芝の密生度合いも関係なし、マットがあり滑ってくれる、失敗しても何球も打てるなどです。

本番は一回しかショットができません。ミスは許されません。こう考えるからミスしてしまうのです。人間ですからミスは当たり前と考えたらどうでしょう。ミスはつき物と考えても良いでしょう。ミスを受け入れるゆとりです。また、ショットがミスしても、アプローチが得意であればそれでリカバリーできます。パターが得意であればOKまで寄せられなくてもスコアになります。

こう考えて行きますと、ミスはつき物だがミスしてもリカバリーできる自信があれば平常心でショットが打てるということになります。

何かひとつ絶対自信のあるクラブを作ってください。スコアメイクには直結するはずです。




練習場でまっすぐ打てない方へ

最高条件でまっすぐなショットが打てない方は練習不足です。もっとボールを打つ機会を作って下さい。上手くなりたい...でも練習回数が少ないというのは、本当に上手くなりたい意思が無いに等しいと考えます。

上手くなるには、もっと工夫が必要です。本当にやりたいならば工夫が生れてきます。他力本願ではゴルフは進歩しないことを理解して下さい。

100を切れない皆さん、うまくなるための工夫、日ごろからやっていますか?練習場でボールを打てなくてもシングルになっている人は大勢います。彼らは練習不足を補う工夫やデータ分析の工夫など涙ぐましい努力をしているのです。

また、ショットは上手く打てないが、パターは上手いでも良いと思いますし、スコアメイクに直結します。

パターも練習していない。それは困りましたね。