FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

ゴルフコースの地盤沈下

「プレイ中にゴルフ場で出来た穴に転落し死亡した事故」を2009年4月3日付当BLOGでお知らせしました。

事故の調査結果をおしらせします。(5/23 朝日新聞電子版)

北海道安平(あびら)町のゴルフ場「ル・ペタウゴルフ」で今年4月、札幌市の主婦がフェアウエーの深さ約5メートルの穴に転落死した事故で、この穴が出来たのは、地下水が盛り土を浸食したことによって土砂が流出したためだったことがわかった。道警が21、22の両日、室蘭工業大の木幡行宏准教授(地盤工学)の立ち会いで調べた。

同准教授らによると、穴を重機でさらに約5メートル掘ったところ、硬い地層があり、盛り土との境界に直径数センチの水の「通り道」があった。この「通り道」を大雨や雪解け時に水が勢いよく流れ、盛り土を浸食。空洞が広がり、土そのものの重みで崩壊が進んだとみられるという。

という結果でした。

やはり浸食されやすい火山灰土壌を盛土していたため、地下の見えないところで浸食が進み大きな事故につながったようです。あらためて今後事故が再発しないような対策が急がれます。


一方バンコク周辺のゴルフコースではどうなのでしょうか?

バンコク周辺は川の下流に位置する扇状地で平坦な土地です。火山系土壌ではなく粘土系土壌が多いようです。

平坦地で平面的なコースを造っても、単なる河川敷コースになりますので、池を多用しています。掘削した土壌は盛土してコース内にアンジュレーションをつけています。

造成したコースは経年化するにつれ、多かれ少なかれ地盤沈下がおこります。クラブハウスの基礎部分の地盤が沈下しているのは、タイのゴルフコースでよくみられる光景です。タイのコースはこれらは修復せず放置していますので景観的に見栄えがよくありません。タイ人はこのようなことが気にならないのでしょうか。

コース内でもグリーンやティグラウンドが沈下しているようです。これらは修復している箇所もありますが、フェアウェイやラフはそのままになっています。特にスプリンクラー周辺やマンホール周辺の沈下が目につきます。

気をつけなければならないのは、ラフなどです。半径30-50cmくらい地盤が沈下していることに気づかず足首を捻挫することがあります。30-50cmのくぼみは乗用機械で管理ができません。手で芝を刈る作業が必要になります。自然に放置されるようになりラフが伸びてしまうのです。

過去に経験がありますが、穴がないと思って前を向いて歩いていて突然バランスを崩すことになりますのでボール探しにも注意が必要です。

スポンサーサイト



ゴルフと音楽(ミュージック)

皆さんは最近音楽を聴いたり唄ったりしていますか?突然こんな質問で何か?と思われるでしょう。

実はゴルフと音楽は近い関係にあります。音楽は音程とリズムが大切ですが、ゴルフに不可欠なのはリズムです。よくスウィングリズムが大切と言われています。

またゴルフが上手い人は自動車の運転が上手くカラオケが上手いといわれます。(?)

車の運転が上手いとは、前後左右に注意を払いながら運転しなければならないという注意の仕方です。ゴルフコースで前だけを見るのではなく、ピンの奥や傾斜をチェックして下さいということにつながります。パターにはタッチが要求されますが、カラオケでも微妙な抑揚が必要です。これらが上手い人は歌が上手いとなるわけです。

カラオケが上手イコールゴルフが上手いとは何でしょうか?答えはどんなに素晴らしい声であっても音程がずれてしまう、リズムが合わなければ単なる音痴になってしまうということなのです。音程とリズムが合って初めて素晴らしい音楽になります。ゴルフも似たような一面があります。

ゴルフの上達を目指すならカラオケも時々歌ってください。

私は音楽が大変好きです。ジャンルは問いませんがよく聞くのはハワイアンやオールデイズ系です。毎日ハワイアンのゆったりした曲を聴きながら、どんなレッスンをしようか思案しています。

ハワイアンと接したのは1975年に初めてハワイに行った時からで、もう30年以上になります。今は毎朝ハワイアンを聞いて一日をスタートさせる日課にしています。

ゴルフコンペや試合の時に好きな曲を聴きながら出かけてみてはいかがでしょうか?

車でゴルフコースに着くまで車内で聞いて行きます。到着までリラックスできますし、リラックスイメージがその後も継続します。ジャンルはクラシック音楽やゆったりした系統が良いと思います。好きな曲を聴くことにより、気持ちがリラックスし、自己能力を発揮するという考え方です。

また好きな曲を口ずさみながらプレイすることも自分のゴルフに集中できると言われています。ゴルフに音楽を取り入れることにより、リラックスすることで変な緊張感がとれると思います。

ぜひお試しください。

ただしベートーベンの「運命」など激しいものは避けたほうがよいでしょう。ティショットが池やOBになる可能性があります。

100の壁を斬る!「自宅でできる練習方法」

タイのゴルフマガジン・EZゴルフのゴルフレッスンを担当することになりました。PRO NODAの「100の壁を斬る!」です。

EZゴルフは毎月一回発行のフリーマガジンですが、皆様のゴルフライフの参考になるようなレッスン内容を考えています。是非お読みください。


第一回目「自宅でできる練習方法」

自宅で練習する方法は沢山ありますが、まず自分のプレイで何が問題なのかを把握する必要があります。問題点を明確にしそれをクリアーすることを目的として、ボールを打たずにイメージトレーニングをしたり、体を効果的に動かす練習をすることが自宅でできる練習なのです。

例えばアプローチの距離感が上手くわからないという場合には、ソファーやクッションなどの上に目印を置きます。距離は大体3~4メートルです。そしてこの目印に向かい、下手投げでボールを投げてみてください。最初は上手くいきませんが、何回も続けるうちに段々と目印近くにボールを投げられるようになります。

これでアプローチやロングパットの距離感を徐々に養ってゆくことができるので是非試してください。

軸がぶれたり体が上下運動する場合は、壁を頭につけてスウィングしてみてください。小さなスウィングです。クラブは持たなくても結構ですが、この動作をすることにより頭を動かさない体の動きが理解できるようになります。

パターの場合はパターマットを使用します。距離は0.5m-1.0m-1.5mです。特に1.0mは入れ頃はずし頃の距離ですので、絶対の自信が必要になります。1.0mを10回入れる、20回入れるという目標を立て、毎日実行することが重要です。

練習時間は2~3分でもよいですから、朝仕事にでる前や帰宅後でもかまいません。これを継続的にやることで必ず効果が出ます。

自宅で出来る練習で最も大切なのは、毎日少しずつ行うことです。少しずつでも長期に渡り行うことでゴルフへの自信がついてきます。ゴルフに自信というものがどれだけ大切なことかは言うまでもないことです。

今日から自宅で出来る練習の内、少しずつでも良いですから何かを始めてみて下さい。

ゴルフ上達法-最近の事例

レッスン受講者の中で熱心にゴルフに取り組み良い結果が出ている方がおりますのでご紹介します。

Sさんは今年の2月から平日の夜間にレッスンを受講しています。会社勤務ですから、接待や業務の都合でレッスンができないこともありますが、そのような場合は別な日を希望し毎週休まず受講できるようにスケジュールを調整しています。

2月にレッスン受講を希望された時の目標は以下のようなものでしたが、はっきりとした目標を提示してくれました。


*希望するレッスンの内容 
1・スイングの基本
2.ドライバーのスライス解消
3・アイアンでのダフリ・トップの解消
4・アイアンの距離感
4.パターの距離感
などなど

*ゴルフの目標 
ベストは97です。現状の平均では100台。
当面の目標は高く80台、将来的には70台を目指したいです。

このようなものでした。将来的にシングルを目指すとは心地よい響きがします。目標を実現するため、何がベストなのか一緒に取り組んで行きたいと思います。

彼の練習場でのショットは、ナイスとミスが極端でした。ミスは仕方ありませんが全く飛ばない凡ミスが時として出てしまいます。ミスをしても70-80%のミスであれば大きなケガにはなりません。飛距離が足りないミスは次のアプローチで何とかクリアできます。でもチョロのような凡ミスはほとんどOBに近いようなミスのため、前に進まない状態でスコアだけがカウントされてしまいます。

良いショットが打てるのに確率が低いのが現状でした。原因は体の動きにあります。わずかですがバックスウィングとダウンスウィングで上下左右に動いてしまいます。膝が右に流れることが主な原因で、小さな動き、ゆっくりとしたスウィングで早期に修正しなければなりません。

話は変わりますが、Sさんのゴルフ環境はずいぶん整っているようです。マンションにオーナー専用のゴルフネット(鳥かご)があるため、それを使わせてもらえると聞きます。毎日でもボールが打てるのですからこんな素晴らしい環境はゴルフ上達のためには大いに役立ちます。もっとも飽きずに毎日継続することが必要ですが。

そして3月21-22日のサイアムCCでの宿泊研修に彼は参加しました。

コースレッスンでのマネージメント学習と夜間のメンタルトレーニングで今までの間違いに気がついてくれたようです。まったく違うことをしていたと気がつけば、これからの上達はグンと身近になります。より確実な方法でプレイができることがスコアメイクに直結することなのです。

サイアムCCの宿泊研修の後はベストスコア更新です。最初は今までのベスト97を更新し、つい先日は当面の目標の80台を出してしまいました。43+46=89です。

Sさんはメールで次のように報告してくれました。

「レッスンを受け始めて2カ月強、この期間の改善は自分でも目を見張るものがあります。ご指導のおかげです、ありがとうございます。」

私は上達のヒントを与え、Sさんがそれを練習で確立しただけのことです。毎日の練習による正しい体の動かし方ができるようになったこと、ポジティブな考え方でゴルフに取り組む姿勢がベストスコア更新につながったと思います。これからもベスト更新が続くよう頑張りましょう。

Sさんの次の目標スコアは84です。

HONDA LPGAと同じティ、ピンポジションでプレイ

サイアムカントリー・パタヤプランテーションで合宿レッスンを行いました。

一年に二回ほどタイで合宿レッスンを受講しているI さんです。調子が悪くなればバンコクを訪問して調子を回復している方で、とても熱心なゴルファーです。何回もレッスンを受講されていますので、今回はパタヤでレッスンという企画を提案しサイアムCCでレッスンをすることになりました。

今回の3日間の合宿レッスンは、初日がラムルッカGC、二日目はサイアムCCオールドコースで、三日目がサイアムCCパタヤ・プランテーションでした。オールドコース終了後隣接のタマサートリゾートに宿泊しました。サイアムCCは、3月にレッスン受講者の合宿研修をして以来です。コースは相変わらず最高に仕上げられていました。

現在プランテーションでは5-6月のプロモーションと称して今年2月に開催されたHONDA LPGA THAILAND 2009と同じティグラウンド、同じピンポジションでスコアを競うという企画をしています。詳細はこちらです。
ティは必ずしも白ではなく、レディスの赤だったり、フルバックの黒とさまざまです。いつもプレイしている場所とは違うため、新鮮味があり楽しめました。また、ピンポジションは極端に手前に切っている場所がありました。グリーンは手前からという原則で攻めようとすれば、グリーンの下まで転がり落ちてしまいます。3-40ヤード転がるような傾斜もありました。このような場合は、上につけるしか仕方ありません。

年二回コースレッスンを受講しているI さんは、80-90位のスコアで回りますが、いつもより10点ほどオーバーだったようです。何しろグリーンの間口が狭い、傾斜がある、砲台グリーンですから大変です。ティショットはどーんと真ん中ですが、次のショットからは気を使います。グリーンに乗らなければボギーやダボ、トリプルはすぐです。

スコアはともかくとして、今回のI さんは、シャンクが止まらない、アイアンが打てないという悩みを持ってこられましたが、3日間のレッスンですっかり自信を回復したようでした。スウィングをチェックした結果、体が上下左右にぶれていました。シャフトもインパクトゾーンに寝た状態で入っています。これではシャンクが出やすくなりますし、アイアンショットをダウンブローで打つことはできません。

基本姿勢、スウィングの基本動作、体重移動、腰の回転と腕の伸ばしなどを三日間にわたってチェックし、何とか自信を持って打てるようになりました。

いつも感じますが、ゴルフは自信がなくなったらお終いです。多少のミスが続いても何とかなるという気持ちと、練習の継続で自信を無くさないようにしたいものです。

Iさん大変お疲れ様でした。




サイアムCCパタヤ・プランテーション割引券の継続と一部変更について

BLOGでご案内しておりましたバウチャー券を継続することになりましたが、内容に変更がありますのでお知らせします。

*平日・土日券とも従来は12枚つづりでしたが、今回から11枚つづりとなります。
*平日は1,500B*11=15,000B、土日1,800*11=18,000B
*販売数に限りがあります。
*販売日から6ヶ月間利用可能