FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

練習場のマット

今日はゴルフ練習場のマットの話である。

最近のゴルフ練習場は、どこでもクッション付人工芝マットになっている。縦横が1.5メートル位のもので、厚さが3-4センチあるグリーン色のあれである。

大昔(20-30年前)は、スタンスを取る部分はゴム系のもので、ティアップする部分の30*50センチ程度の部分が、ボールを打てるマットになっていたと記憶している。

クッション付のマットはボールを打っていても疲れない反面、ボールを左右に打ち分けようとした場合、思わぬミスになることが多い。

レッスンでは、距離と方向の打ち分けの練習をしている。例えば8番アイアンで左右に目標を設定し、左右交互に打つ。距離もフルショットやハーフショットをしながら距離と方向の感覚を養っている。

この練習の目的は、実践を想定しながら距離と方向に応じたショットを体で覚えることであるが、なかなかスンナリとできない。

その原因がマットが四角形をしていることにある。

マットの形に沿って、真直ぐ構えたり、打ったりするには四角形は大変都合が良い。辺に沿って構えやすいし打ちやすい。

ところが真直ぐではなく、練習場の左右の隅を狙うように構えた時、スタンスがとんでもない方向を向いてしまう。

普段はマットに真直ぐ構えて、真直ぐ打つ練習しかしていないため、突然左右に打つ状況では、マットが四角なため、体が方向感覚を失ってしまうのである。

このような場合、初級者はクラブを目標に向けてマットの上におき、スタンスを確認したらよい。そのまま打って方向感覚を身に付けても良い。大切なことは同じ方向に続けて打たないことである。数球ごとに反対方向に打つことが大切である。

中上級者は練習場のマットにスパッツを見つけ、フェースをあわせスタンスを取る習慣を身につけなければならない。

目標とボールを結んだ線上で、ボールから30-50センチ程度のところに、ゴミや凹みなどを探し出し、その目印とボールを結んだ線と直角にフェースをセットし、同時に平行にスタンスをとる。

この動作はコースでボールを打つ場合、目標に対して正しくセットアップするためには不可欠なことである。

最初は目印が見つけられないとか、平行にスタンスがとれないとか上手く出来ないかもしれないが、繰返し練習すればすぐできるようになる。この動作により正確性が格段にアップする。

これでセットアップが完了し、目標に正しく向いているはずである。

あとは正しいリズムでショットをするだけである。

Promsiri

スポンサーサイト



怖い熱中症や熱射病

レッスンブログでも何回も取り上げている熱中症の記事があったので掲載したい。

タイのゴルフで避けられない熱射や高温、快適なゴルフを継続して楽しむためのヒントになればと思う。


毎日新聞(電子版)抜粋 2007年7月20日

熱中症は、体温を調整する仕組みが破綻(はたん)し、体温が著しく上昇した状態のことだ。

人は暑くなると、末梢(まっしょう)血管を拡張させ多くの血液を外気に触れる皮膚に集めたり、かいた汗を蒸発させることで体温を保とうとする。 この時に水分補給を怠ると、体内は脱水状態になる。体を流れる血液量が減り、脳への血流が不十分になってめまい(熱失神)を起こしたり、汗で流れ出た分の塩分が不足して筋肉が硬直(熱けいれん)したりする。

症状が進むと頭痛や嘔吐(おうと)、虚脱感など(熱疲労)に襲われ、さらには体温が40度以上になって、意識障害や運動障害を起こす(熱射病)。普通は日陰などで横になり、失った水分や塩分を補給すれば回復する。しかし、熱射病だと死に至ることもあるので、首や脇の下などを氷で冷やし救急車を呼ぶ。

重要なのは、正しい知識を持てば予防できるということだ。

環境省の「熱中症保健指導マニュアル」は、予防のポイントに▽屋外では帽子▽水分をこまめに摂取▽日陰を利用する--の三つを挙げる。

中でも、のどが渇く前に、汗をかいて失った水分を補給することが大切。少し冷えた水は吸収を促進する働きがあり効果的だ。運動などで大量に汗をかいた場合は、1リットルの水に2グラムの塩を入れた0・2%程度の食塩水を飲み、汗とともに失った塩分も補給する。梅干しであれば、麦茶1リットルに半個ぐらい。スポーツドリンクをやや薄めて飲んでもいい。

ビールなどのお酒は尿の量が増え、吸収した水分以上に失われるため適さない。

タイシニアプロをめざす

ゴルフ塾はバンコクに在住するゴルファーを対象に、ゴルフの総合的なスキルアップをはかることを目的に開設している。

一般的にゴルフレッスンといえば、まずは形であり、ボールを真直ぐ遠くまで飛ばすことをメインにしている。

これに対しゴルフ塾はさらに突っ込んで、ゴルフ技術のみならず、ルールやエチケットマナーまで総合的に勉強し、幅の広いゴルファーを目指すことが目的である。

このゴルフ塾に、先月シニアプロを目指している58歳のNさんが入会した。

大阪出身のNさんは、現在はHDCPは13であるが、近い将来シングルになり、タイシニアプロ資格を取得したいという目標を持っている。

ゴルフで上達を目指すには、より具体的な目標を設定したほうが良い。ただ漠然と上手くなりたいと思っていても、具体的な目標実現のスケジュールが無ければ、いつま経っても目標達成は難しい。

Nさんとは、目標達成スケジュールに基づいて、現在のHDCP13をまずは9にすることを確認している。週3回の練習場レッスンの2回に必ず参加し、スィングの矯正をしながら安定感のあるボールが打てるようレッスンしている。

Nさんの特徴は、あまり癖のない柔らかいスィングである。体全体を上手に使いクラブに仕事をさせているイメージである。若い人に見られる力任せのスィングとは一味違うものがある。

先日のゴルフ塾コースレッスンでは、初めてのコースでハーフ39という素晴らしいスコアも出て、少しずつではあるが変化の兆しが見えてきている。

このくらいのレベルになると、どんな環境でも同じようなボールを打ち、いかにミスを最小限にするかがスコアメイクの鍵になる。

さらに上を目指すには、飛距離アップと正確性もこれからの課題である。

60歳になった時点で、シニアプロ資格を取得する夢を実現するため、一緒に頑張りたいと思う。

写真で判る自分のスィング

レッスン受講者のスィングは、日頃から写真に残すようにしている。

本来はビデオで撮った方が良いのだが、どうもスィング解析ソフトとS製ビデオの相性が悪く、分析チェックするには時間がかかりすぎて困っている。

仕方なく、C製のデジカメで動画を撮り、解析ソフトでスィングをチェックしてプリントアウトしている。

通常自分のスィングは、自分ではなかなか見ることができない。自分のスィングを動画でチェックされて、後でプリントされた修正画像を見せられて、初めて直すべき点を強く意識することができる。

プリントアウトした写真には、修正すべき点をコメントし、手渡す時に説明を加えるように心がけている。

一様に「ハー、こんななんですね。イヤー直すべき点が良く分かりました」という事になる。

日頃から、レッスンの受講者には、より具体的な会話をしなければならないと心がけている。抽象的な話やイメージばかりでは受講者にはぴんと来ないのである。

自分がどんなスィングをしているのか、どこが悪いのか、どこが良いのか、どの点を修正すべきなのか、どうすればもっと良くなるのかを的確に伝えることがレッスンの重要なポイントになる。

動画写真でスィングを分析し、説明を加えることにより、少しでも具体的で的確な説明ができればと考えている。

プリントされた自分の写真を見て、奮起して欲しいものである。

キャディチップについて

素晴らしいコースが沢山あり、料金も安い、ゴルフパラダイス....タイ

ここには日本では見かけることがない一人に一人(以上も可)のキャディがつく。

タイのゴルフ場のプレイ料金は、グリーンフィプラスキャディフィになっている。

一方、日本のゴルフ場は、グリーンフィ、施設利用料、諸経費、キャディフィ等があり、最後に利用税が加算される。

世界中でこのような利用税と称する税金や諸経費などという意味不明なものが付くのは、日本だけである。そもそもこの利用税とは何なのであろうか。以前は娯楽税という名称であり、贅沢する人達には課税して当たり前という発想であった。

時代は大きく変わっているのに、名前が変わっただけで、利用税は支払わなければならないのが日本のゴルフ場である。

さてタイではこのような意味不明な税金はないが、グリーンフィにキャディフィを加算し、プレィフィの合計となる。

日本より遥かに単純であり、世界中のゴルフコースと同じである。

しかし、日本人とりわけ、タイにあまり慣れていない人達にすれば、プレィ終了後のキャディへのチップが大変気になる。

チップになれていない国民だから、相応がいくらかぴんと来ないのである。当たり前のことである。良い仕事をした場合は沢山、全くダメな場合は少なく、などと言ってもじゃあ幾らなんだということになる。

基準はキャディフィを目安にすればよい。

タイのプレイフィはグリーンフィプラスキャディフィである。キャディフィは200Bから300Bの範囲内である。

このキャディフィと同額が、普通の場合のチップの額である。そして、全くダメな場合は50Bダウン、気持ちよくプレィできた場合は50Bアップという具合にしたら良い。

18Hのコースにキャディは200-300名在籍している。仕事に対する考え方は千差万別様々である。

タイのゴルフ場では、今日チップが少ないのは、自分の仕事に問題があったからなどと考えるキャディは少ない。今日は運が悪い、○○国人はケチだ位にしか思わないのである。自分本位なのである。

したがって、あまりキャディチップには神経質になる必要はないと思う。

止めて欲しいのは、チップに2000-3000Bを平気で渡すおじさんである。プレィ終了後に何があるか知る由も無いが、いい加減にして欲しい。しかし、ここはタイである。あまり目くじらを立てるのもタイらしくない。

自分もおじさんであるが、上記のルールで200-300B程度に収めている。

ゴルフパラダイスに来て、気持ちよくプレィするのは良いが、限度を考えて欲しいと思う。


ゴルフ塾会員募集

ゴルフ塾はゴルフのスキルアップだけではなく、心技体バランスのとれたゴルファーを育成することを目的に開設した。

世の中、ゴルフが上手くなれば偉い(?)という風潮があり、わがままが通ると勘違いしている人達が大勢いる。少しばかりゴルフが上手いからと言って、技術をひけらかすのは、紳士のスポーツから逸脱していると言わざるを得ない。

ゴルフが上手くなっても、初心者を気使う態度を保ち、ゴルフマナーやルールを熟知することがバランスのとれたゴルファーと言える。

心技体バランスのとれたゴルファーとは、口で言うのは簡単だが、技術の研鑽をしながら、ゴルフマナーやルール勉強することでもあり、時間がかかる鍛錬でもある。

ゴルフ環境の整ったタイで、ゴルフが上手くなりたい、そしてこのような方向を目指すことにご賛同頂ける方には、是非ゴルフ塾に入って頂きたい。

ゴルフ塾は約8名が会員登録してレッスンを受講しているが、勤務の都合などにより、レッスン日には1-2名しか参加できない時がある。練習場レッスンを週3回を設定しているため、是非とも出席率を高めて欲しいものである。

また、コースレッスンは、月2回設定している。実際にコースに出て練習場とコースのギャップをクリアし、スコアメイク技術を高めることを主眼としている。

現在は、HDCP13のプロを目指す方から、コースデビューして間もない方まで会員として練習中である。

ただ単にゴルフが上手くなるというのではなく、総合的にゴルフを極めたい方には最適のプログラムだと思う。

バンコク在住でご興味のある方は是非ご連絡頂きたい。

NODA ゴルフ塾詳細と申込書
http://www.golfcreation.com/golfjuku.html

追記:2007年8月1日
ゴルフ経験者がゴルフ塾に入会し、一年間経過しても100を切れない場合は、100を切るまで月謝が免除になります。
100以上で高値安定のゴルファーは、一度ご検討下さい。