FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

飛ばさない勇気と技術

ゴルフショットは真直ぐ遠くまで飛ばすことが理想です。がラウンド中飛ばさないことが求められる場合があります。今回は飛ばさない勇気と技術についてです。

ドライバーは真直ぐ遠くまで飛ばしたいものです。同伴者より少しでも先に行ってくれれば特に嬉しいです。こんなことはゴルファーなら誰でも思うことです。

でも皆さん考えて見て下さい。ドライバーを真直ぐ遠くまで飛ばしたからと言ってスコアが良くなるという保証は全くありません。確かにドライバーは「ゴルフの華」と言われ派手な部分ではあります。しかしその次、またその次が上手く行かなければ決して良いスコアでは上がれません。ドライバーショットは派手ですが、そっとそこにある、可もなく不可もなく出来れば良い、ベストはフェアウェイですが悪くても少しラフ程度で良いのです。

問題の第二打以降の話になります。ラフに入った場合です。深いラフでボールがすっぽり埋まっている場合どう対処しますか?一打目が林の中に入ってグリーンを狙えない場合どうしますか?

このようなシチュエーションでは、飛ばさない勇気、飛ばさないマネージメントが必要になります。飛ばさないということを簡単に説明しますと、飛ばさないイコールミスの連鎖を回避するということになります。ラフからグリーンを直接狙うことは絶対的に距離が必要になる場合が多く、無理して狙ってもラフの芝に負けてまた深いラフに入ってしまうことは避けるべきです。この場合の飛ばさない勇気は、グリーン方向とは異なるかもしれない安全なフェアウェイに出すことを指します。

林に入った場合も同様です。グリーン方向の僅かな空間を狙っても成功するはずがありません。そのような練習を全くやっていないからです。練習場で出来ないこと、したことがないことをせずに、素直に横のフェアウェイに出すことです。

飛ばさない勇気をもってフェアウェイに出す場合、注意しなければならないことがあります。距離を出そうとして欲を出さないことです。ラフからフェアウェイに出すには5-7番アイアンよりPWです。林から脱出するにはFWではなく低い弾道が打てるアイアンが良いでしょう。

このように安全確実にフェアウェイに出した後は、やりたいことをやれば良いと思います。チャレンジするのも、安全に固くいくのも選択肢です。もしグリーンを外れたら、いつも練習しているのアプローチで寄せれば良いだけです。

ゴルフショットは二度と同じシチュエーションに遭遇することが無いといわれています。毎回ショットは違う状況ですると言っても良いでしょう。そのような状況で飛ばす勇気、飛ばさない勇気の使い分けがスコアに反映されるという仕組みを是非分かって欲しいと思います。そして飛ばさない技術を練習場で練習すべきでしょう。

スコアがまとまらない方の多くは、難しい局面での対処に無理がある場合が多いと思います。斜面やラフ、林の中や木の根元にボールがあるときなど難しい状況にすぐ対応できる「引き出し」が不可欠だと思います。こんなときどうすれば良いのかじっくり考える時間はありません。多くの情報を持ちすぐ対応できる技術がコースラウンドでは求められるのです。

その意味では練習場で難しい状況を再現し、対処する練習は必要でしょう。思い切り体を左や右に傾けたり、膝を90度近く曲げて前下がりの状況を作り打ってみることです。コースラウンドでミスした状況を思い出し、やって見られたら如何でしょう。大切なことは軸をキープし、上下動や左右にぶれないこと、飛ばすという意識は持たないこと、70%程度に抑えたバランスの良いショットをすることです。

スポンサーサイト

当たらないその時は-2

前回に引き続き突然当たらなくなる状況での対処方法を考えて見ましょう。

ドライバーの場合は、ボールの位置が重要なポイントになりますが、アイアンの場合はどうなのでしょうか?

アイアンのボールの位置、スタンスの中央なのか左足よりなのかは球筋には影響します。しかし突然当たらなくなるようなことはなく、重要度はないような気がします。本当のところどうなのでしょう。

アイアンショットで重要なのはボールと体の距離ではないでしょうか。近すぎるとインパクトゾーンでの腕の動きが窮屈になります。手をこねたり、押し出したり結果的にミスになりやすく、スライス系になると思います。ボールと体が遠い場合は逆になります。ヘッドをボールに合わせようと腕が伸びる結果となり、ヘッドがクローズになりやすくなります。又は上体で打ちに行くこととなりアウトサイド軌道でヘッドがクローズの低いフックまたは引っ掛けのようなボールが出やすくなります。

それでは適正なボールとの距離はどのくらいが正しいのでしょうか。一般的にはグリップエンドから体まで(ベルトライン・へそ)拳一個以上二個未満となります。しかしこの場合は全ての方に共通する距離ではありません。身長・腕の長さ・前傾姿勢・クラブの長さ等によりすべてのクラブ、すべての人に共通するとは言えません。個人差があるという前提でとらえて下さい。

アイアンショットの場合ヘッドの動きは、インパクトを迎えた後に地面からさらに下に動きます。ボールの左側に最下点があるため、実際の動きはボールをヒットした後ターフを取る、または芝を低く削る動きとなります。

このようなアイアンショットのヘッドの軌道を理解すれば、ボールを打った後もヘッドが低く前に出なければならないことが分かります。インパクトゾーンでボールをダウンブロー気味に上からヘッドを入れる動作は、真直ぐボールを飛ばすため、ヘッドにボールを乗せるための不可欠な動作なのです。

総合的に考えた場合、アイアンショットのミスの大半が起き上がり動作によるものと考えられます。つまりは地面を打てないミスなのです。地面を打つとはボールの手前を打つことではなく、ボールの左側の芝を削ることによりフェースにボールを乗せることなのです。

ラウンド中後半になると疲れてきます。なぜ疲れるのかと言いますと様々理由があります。力が入り過ぎるショットを続け、ボールに向かい合ってから考えすぎる、成功よりミスが多くなる結果、肉体的にも精神的にも徐々に疲れが増していきます。

このようになると下半身が動かなくなり、次第に上半身だけのスウィングになります。またトップからダウンにかけての切り返しで左に乗れなくなりますので右に体重がかかった状態でインパクトしようとします。ヘッドはボールの手前つまり右側におりてきます。

アイアンの最下点はボールの左側にあるのですが、体重移動ができなくなるにつれてボールの右側に移動してきます。これが疲れた場合のダフリ現象です。ジャンプするなどして重心を下げ、正しいボールポジションにヘッドが降りてくることを素振りで確認する必要があります。

ミスの連鎖はこのような状況で起こりやすく、自分で修正できないままミスを続けることが多いのです。是非正しい分析を行い対処してほしいと思います。

当たらないその時は-1

練習場で良いショットが打てていて、突然当たらなくなることがあります。原因を追究しますが簡単に分かりません。あれこれ考えながら打っているうちに修正出来たことがあると思います。でもこれがコースで起こった場合は大変です。

今回はコースでドライバーが突然曲がりだした、当たらなくなった場合の原因と対処方法を考えてみます。

ドライバーの当たらなくなる原因はボールの位置にあるといっても過言ではありません。ボールはアイアンのようなスタンスの真ん中から左にあるのではなく、基本的には左足踵の延長線上にセットされます。この場所は通常スウィングをした場合、最下点はボールの手前にあります。ドライバーのヒッティングポイントは最下点を過ぎた場所で、ヘッドが上がりかける場所にあります。

この場所はスウィングによる個人差がありますし、体調により多少は少し右足寄りに移動すると考えられています。
ボールが正しい位置から左側過ぎる場合は、ボールが捕まらなくなりスライス・プッシュアウト系の弾道となります。

反対にボールが正しい位置から右側つまりスタンスの中に近くセットされた場合は引っ掛け、チーピン系フックが出やすくなります。

上記はスタンスとボールの横位置についてですが、さらに体とクラブの間隔、縦位置もショットに重大な影響を与えます。

体とグリップエンドの間隔は体形や構え方により、個人差があります。一般的にはセットアップ時に腕の力を抜いてチェックした場合、グリップエンドと体、へそまたはベルト周りまでの間隔は、拳一個または一個半と言われています。前傾姿勢を取り、グリップした後右手を放し手のひらを上にして拳を作ります。そのままグリップエンドとへそやその周辺までの距離を計ってみて下さい。1~1個半の範囲内であれば良いでしょう。

体とグリップエンドまでの間隔は個人差はありますが、一般的には近すぎる場合はスライス、遠すぎる場合はフックと言われています。

体とグリップエンドが近い場合はインパクトゾーンで腕が窮屈になりヘッドが加速できないなどが考えられ結果としてボールに当たらなくなる、当たってもスライス系になるということです。反面体とグリップエンドが離れすぎて構えた場合フラットなスウィングになりやすく、インパクトでヘッドがターンしやすくフックしやすくなります。上体が被ってインパクトした場合は低いフックやチーピンになります。

このように正しいインパクトを迎えるためにチェックすべき点は以下になります。

1.ボールが左かかとの延長線上から左に出ていないかどうか(ボールが左過ぎないか)
2.ボールが左かかとの延長線上から右に入りすぎていないかどうか(ボールが右過ぎないか)
3.体とグリップエンド(手)が近過ぎないか
4.体とグリップエンド(手)が遠過ぎないか

スウィングが毎回違う、ボールの行方が一定しない、距離が出ないなどの場合、まずボールポジションを適正な場所にセットすることから始めてみたらいかがでしょう。

いつでも簡単に練習その3

いつでも簡単にできる練習は、2-3月にお知らせしました。今回は練習方法続編その3をお伝えします。
今回はスウィング体重移動などの基本動作です。

1.鏡を見ながらスウィングする
鏡に自分を映しながらスウィングすることで、体の左右の動きと上下の動きの両方をチェックすることができます。

軸が左右に動くことはダフリやトップにつながるため、軸の中心になる頭と腰がなるべく動かないようにすることが大切です。左右に動くことはパワーロスにつながるため飛距離が出なくなります。上下の動きも危険な動きです。
多くの方がバックスウィングで左肩が落ちる(下がる)または前傾姿勢がより強く前かがみになります。バックスウィングからトップで肩が落ちる、ボールに近づいて行く動きは、体のスムーズな回転に繋がらないためインパクトでボールのある場所にヘッドが戻らなくなります。この場合は殆ど手前にヘッドが降りてきます。

練習はクラブを持たなくてもできます。腕を胸の前でクロスさせ、頭は鏡を見たまま前傾します。前後左右に軸が動いていないことを確認して捻転と解放の練習をしましょう。チェックポイントは頭が動かないこと、腰が左右にずれないこと、同じリズムで行うことです。

2.前傾姿勢をしたまま壁に頭をつける
体幹(上体)の捻転と下半身優先の開放の練習です。

鏡を見たままスウィングすることの変形です。頭を壁に付けているので軸の動きが良く分かります。段々慣れてくると頭が全く動かなくなることが自覚できます。この練習方法は頭をつけたまま捻転と解放を行いますが、必ずダウンスウィングで腰から始動することを意識し、フィニッシュでは左軸足1本に乗ることです。自然にインサイドアウトインの緩やかな円運動が身につくはずです。

3.距離感を養う
スコアにすぐ反映されるアプローチの距離感を養う

アプローチの距離感はコースの状況で大きく変わります。ホールによって同じ20ヤードでも遠くに見えたり近くに見えたりすることがあります。これはグリーン周りやグリーン奥の景色その他が自分の感覚に影響を与えているからです。

すぐできる距離感の練習方法は、あそこまで何ヤードと考えることを習慣にすることです。そしてその距離を歩測することです。5~10ヤード、10~20ヤードの距離で十分です。
家の中では5~10ヤードの距離にごみ箱またはクッションなどを置きボールを下手投げで投げてみて下さい。見た感覚と投げる感覚のコラボがアプローチと言われます。ボールを投げられない場合は体の動きだけでも良いでしょうし、プラスチックの飛ばないボールも販売されていますのでそちらを使ってもよいでしょう。


4.同じ位置で足踏みをする
スウィングは軸をキープして体重移動をしながらボールを打つ動作です。

日ごろから1分間に60-70回のリズム感を養い実際に立ったままで足踏みをしてみましょう。

同じスウィングができない場合の根本原因は、リズム感が乱れた時つまりリズムが速くなった時です。クラブを持てばベターですが持たなくても構いません。

最初は真直ぐ前を見てリズムに合わせて手を振りながら足踏みをします。スウィングが体重の移動であることは当然のことですが同じ強さ同じテンポを維持継続することが難しいということなのです。
次に足を上げない足踏みです。足を上げない足踏みができればすぐコースで使えます。足を上げなくともしっかり体重の移動ができるということになります。

グリップの強さとは

ショットをする場合、グリップはソフトに握れと言われます。ドライバーからアプローチやパターまで同じように柔らかく握って良いのでしょうか?今回はグリッププレッシャー(強さ)について)考えて見ましょう。

何故クラブをソフトに握るのかと言えば、手を動かす距離よりヘッドを動かす距離を遥かに多くする必要があるからです。具体的には手よりヘッドを大きく動かすことでヘッドスピードを上げ、距離を出す必要があるからに他なりません。

ショットはフルショットとアプローチやパターのようなコントロールショットに大別されます。フルショットは肩をしっかり入れたある意味思い切り打つショットになり、距離を出す必要があるショットになります。基本的にフルショットの場合、同じ動作をして距離は番手が決めることになります。

一方コントロールショットはスウィングの振り幅やヘッドのスピードをコントロールすることで距離を調整するショットになり、寧ろ距離を出さないショットと言えます。

しっかり打って距離を出すドライバーショットと20ydsのアプローチショットのショットの違いはどこにあるのでしょうか?ここではグリップに絞って考えて見たいと思います。

ドライバーなどフルショットの場合はグリップを特別柔らかく握る必要があります。その理由は距離を出すことを必要とするため、手を動かす距離よりヘッドを大きく動かす必要があるからです。またドライバーなどのフルショットのインパクトゾーンでは、シャフトの逆しなりを活用してボールをヒットするため、グリップを強く握ると逆しなりでインパクトできません。

逆しなりについては別の機会に詳しくお話しますが、シャフトがトップからインパクトにかけて「しなった」ままでボールにヒットした場合フェースは開いたまま当たります。初心者のパワーヒッターの大きく曲がるスライスはこの「しなり」を「逆しなり」に変える動きが出来ないために起こる現象なのです。

クラブのヘッドの構造上インパクトゾーンで手の動きを加速せず、寧ろ減速する動きをすることでヘッドが勝手にターンします。この動きを意図的に行うためにフルショットには柔らかいグリップが不可欠となるのです。

一方距離を出さないアプローチなどはどうなのでしょうか?

結論から言いますと距離を出さないショットは、インパクトゾーンでヘッドスピードを遅くする必要があります。ヘッドを走らせない、ヘッドと手が動く距離を同じにすることで距離が出なくなります。つまりフルショットより強く握り意図的にヘッドを走らせないスウィングをすることでボールが飛ばないということになります。

スウィングとは振り子のことです。振り子は一対一の動きですが、アプローチの場合バックスウィングが大きくインパクトからフォロースルーが小さい場合が多いと思います。振り幅で距離を出す場合一対一よりバックの方が大きくなりインパクトで調整しようとしてグリップが緩む、そしてミスにつながることが多いのではないでしょうか。

短い距離のアプローチの場合、ボールをフェースに乗せるにはグリップの強さを変えないことです。寧ろ強めに握った方が良いと思います。その方がヘッドが返らない為フィニッシュまでフェースの向きを一定に保つことができます。

距離をを出す必要が無いパターも同様です。グリップはしっかり(ある程度強く)握り、手首が折れないようにすることでフェースが簡単にターンしなくなります。

距離を出すショットは柔らかく=生卵が割れない程度、歯磨きのチューブから中身が出ない程度=グリップが抜けない程度で握るのが正解です。

距離を出さないアプローチはヘッドが走らないようグリップをしっかり握るようにしてフルショットとアプローチショットで使い分けて見たら如何でしょう。

但しコースで実践する前にまずは練習場で確認してからにして下さい。

頭を残して地面を打つ

最近の私の練習方法をお知らせします。

シラチャではレッスンの時間前にBSCに到着しますので、毎回3-5箱(120-200球)打ってからレッスンを開始しています。早目に行ってボールを打ちながら受講される方を待つというパターンです。

内容をご紹介しますと、まず最初に1-2箱(40-80球)は52-58度のアプローチを行います。時々は片手で打つこともあります。当然ですが右も左も行います。距離は20-30ヤードで体全体を使うことを心掛けています。片手スウィングは極端なアウトサイドイン軌道や、インサイド過ぎる軌道ではボールが真直ぐ飛びません。手先を使わず体全体を使い、緩やかなインサイドアウトイン軌道で初めてボールがフェースに乗る感覚を確認できます。

その後は両手で30-50ヤードのアプローチ練習です。クラブはPWまたは52度を使用します。私のアプローチの基本は出来るだけ上に上げない、つまり転がしまたはピッチエンドランが基本ですからロブショットのように高く上げる練習は殆どやりません。

ボールを上げて止めるというとても格好の良いショットは難しすぎます。ボールを上げること自体は難しくありませんが、インパクト時に入るフェースの開閉や入射角によるボールの高さの調整が非常に難しいと思います。ボールの高さ調整は簡単にできることではありませんから、結局は高くなれば距離感を出すことが難しいという結論になります。

アプローチショットは距離に関係なくパターが一番易しいのです。その理由はボールが上に上がらない為距離感が掴みやすいことにあります。でもボールのある状況でパターを選択できないことがあります。極端な登り傾斜、ラフにボールが沈んでいる等々パターを使いたいけどストロークが出来ない場合です。

このような場合はパター以外のクラブを使用しなければなりません。しかしボールの弾道イメージは転がすことです。PWまたは7-9番などで転がすクラブを選択すべきでしょう。打ち方はパターそのものです。軸を固定し殆ど左足荷重で下半身をバタつかせず上半身だけでスウィングします。

パターは下半身をほとんど使いません。体重移動をせずに方向性と距離感を出さなければなりません。慣れれば簡単です。イメージはボールを右足前に置き、フェースを開閉せず一定に保ち、振り子スウィングつまり1対1でストロークを行うことです。

アプローチ練習の後はPWのフルショットに移ります。重視するのは方向性で距離感は無視して練習しています。その後8番アイアン、UT、3Wまでとします。ドライバーは気が向いた時のみでアイアン中心、アプローチ中心で練習しています。

ドライバーはいつもお話していますが、スウィングは他のクラブと同じですから簡単です。クラブの長さが違うことはスウィングがアップライトになるか多少フラットになるかの違いがありますが、動作は一緒です。ただアイアン系統のクラブは地面にボールがありますので、地面を叩いてフェースにボールを乗せる必要があります。小さなスウィングのアプローチなどは叩くというよりブラッシングで地面を擦るという表現の方が合っているでしょう。

アイアン系フルショットは全部地面を叩く感覚でショットをすべきです。コースレッスンで一番多いミスが、地面を打てないことによるトップや空振りに近いチョロが圧倒的だからです。その最大理由はインパクト前に前傾角度が解除されてしまうことの一点です。ヘッドアップが正にこのことを象徴する動作と言えます。インパクト時は必ず頭が目標方向に動かず、ボールを見ていることが大切です。

ヘッドアップによるミスショットですが、インパクトでボールを見ていないということは、正しいショットをすることを放棄していることと同じであると言えるでしょう。是非頭を残す(軸が動かない)ショット目指して下さい。

(注)シラチャBSCレッスンは都合により4月で終了しました。5月からはバンコクのみのレッスンとなります。

90台はすぐそこにある?

BLOGを遡って読んで見ました。

2012年7月に親父の一言で「100を切る方法!」がアップされています。
6年後の今「100を切る方法」、このことをもう一度考えて見たいと思います。

過去と現在のレッスン内容に差異があると困りますが、現在レッスンしている内容は6年前と全く同じです。
100を切る=目標は90台、90を切る=目標は80台、80を切る=目標は70台と其々技術レベルや目標が違っても基本は100を切るという考え方とほぼ同じです。ご自分の技術レベルや目標に置き換えて考えて見て下さい。

100(90・80)を切るために、何が必要なのでしょうか?

1.ショットが真直ぐ飛ぶ(行く)ことです。
飛んで曲がるなら低いトップボールの方がまだましです。何故曲がるのかその仕組みと対処方法を頭で理解し、修正できる能力を身に付ける必要があります。

2.アプローチは確実にグリーンに乗せることです。
50ヤード以内のアプローチは一発で乗せることです。どこでも構いません。その後はパターで打つことがスコアを作ることになるからです。

3.詰め(最後のショット)のパターを確実に入れることです。
50cm~1.5mを確実に入れることです。ここで外せばスコアは一つ増えてしまいます。

4.コースマネジメントとメンタル面の強化が不可欠です。
コースで人が変わったようなギャンブルをしないことです。ショットは練習場の50%と言われていますので安全確実が基本です。そして常にポジティブな気持ちを持つことを心掛けましょう。ミスショットをしても下を向いて歩かないように。ゴルフは気持ちがタフでなければ良いスコアは出せません。

何回もお話していますが、スコアメイクに直結するショットの割合は、ドライバー10%、アイアン(FW/UT)20%、アプローチ30%、そしてパターが40%です。ショットが乱れる上にパターとアプローチが下手であれば100(90・80)は切れません。

スウィング形成・ショットは自宅や練習場で繰り返し練習し、身に付けなければなりません。パターの基本は自宅で練習して下さい。50cm~1.5mのパットを自信を持って打つ練習は自宅でしかできません。アプローチは練習場でできます。

なお、上記項目1~4はゴルを始めたばかりの方には、練習の指標になります。なぜなら近い将来100(90・80)を切るという目標に直面するからです。最初から練習のターゲットを決めておいた方がより早く目標に到達できると思います。100を切るなどと言わず大きな目標を作って下さい。すぐ達成できないから目標です。

スコアが高値で安定している方は、今自身の考え方を変えてみて下さい。今のままでは大幅な変化は望めないと考えるべきでしょう。でも変化には代償が付き物ですのでスウィングが壊れても大丈夫です。何故なら殆どの方はまだスウィングが固まっていないからです。考え方を変えて取り組んでみること、即ちチャレンジする気持ちが大事なのではないでしょうか。

いつでも簡単に練習 その2

前回に引き続きいつでも簡単に練習方法その続編をお伝えします。

今回はスコアを決定づけるパターの考え方と練習方法です。

1.パターはスコアを決める
コースで一打目のドラーバーが曲がってしまいました。二打目はラフから打たなければなりません。ラフから打ちましたが芝に食われてしまい距離が足りずグリーンに届きませんでした。ボールのある場所からピンまで25ヤード、ラフからグリーンエッジまで10ヤードの距離が残ったとします。障害物が無いためピッチングでグリーンに乗せてピンまで転がすことにしました。アプローチはショートして1.5メートル残りました。慎重にラインと傾斜を読んで打ったボールはカップインしました。パーです。もしこれを外していたらボギー3パットしたらダボになります。

2.長い距離は経験で打つ
パターの距離感は経験の浅い方には非常に難しいと思います。視覚と体の動きがマッチして初めてカップに寄って行きますので、ショートパットに比べて経験がものを言います。ラウンド時にコースに到着したらまずは5-10メートルのロングパットを練習して距離感を確認しましょう。最初は傾斜が分からず距離感が出せない為、ショートしたりとてつもなくオーバーしたりしますが経験を重ねるごとに段々カップに寄ってきます。

3.短いパットはハートで打つ
ロングパットの練習は家では出来ません。パターマットを購入して練習しても精々1-2メートルです。実はこの距離が非常に重要になります。この距離に絶対的な自信があれば、1-2メートルの距離が残ったとしてもドキドキしなくなるのです。ドキドキするとは、すぐそこのカップに入るだろうかという不安や恐怖心が生まれるということです。こうなればカップインの確率は低くなります。でも家でいつも練習している1-2メートルに自信があれば、家でやっている距離だから入って当たりまえという気持ちになります。このゆとり感がインパクト後のフォローでヘッドが前に出てカップインするのです。もし不安感で打った場合はインパクトでヘッドが止まってしまうのです。

4.短いパットの自信がアプローチを易しくする
1-2メートルの距離に自信があれば、グリーンを外しても動揺することは少なくなります。1-2メートルの距離とはカップを中心とした直径は2-4メートルになります。この距離にアプローチをすれば良いのですから、神経を使うことが大分軽減されます。そしてプレッシャーが少ない分ナイスショットの確率は大幅にアップします。

5.パターマットでは弱めに入れる練習
通常パターマットはカップ付近が登りになっていて少し強く打つ必要があります。練習する際は最後の転がりで入るようにします。パターマットはカップに入ったボールをリターンさせるために、傾斜がついて少し高くなっています。練習の際にはきっちり距離を合わせた打ち方が効果的です。気を付けなければならないのは、強さの加減を一定にすることです。ショートしたりオーバーしたりするようなことではなく、出来るだけ一定速度でカップインする練習をすることです。

パターは一打目のドライバーや二打目のアイアンやFWなどと違い即スコアに反映されます。最初の内はどうしてもドライバーなど長い距離を練習したくなります。ドライバーやFW、アイアンのフルショットをしっかり打ちたいという願望があるからです。勿論真直ぐ遠くまで飛ばすことはゴルファーの永遠の課題ですからそれは当然のことです。

しかしスコアをまとめるという考え方でショットを組み立てる場合、重要度の優先順位を決めておくことが必要です。スコアを決定づける最重要ショットはパターですから、いつも練習して1-2メートルに自信をつけることです。次がアプローチです。50ヤード未満特に10-25ヤードは体の動きを極力セーブしショットをする必要があります。

10-25ヤードのウエッジでのアプローチは、左荷重にして下半身が動かないようにする必要があります。特に転がす場合には、パターと同じような打ち方でピンに寄る確率は大幅にアップします。

いつでも簡単に練習

ゴルフの練習と言えば練習場ですることを指しますが、いつでも簡単にできる効果的な方法があります。

今回は道具を使わない方法をお知らせします。

1.真っすぐ立つことはゴルフスウィングの基本です。
いつでもどこでも真直ぐ立つトレーニングは出来ます。家の中で真直ぐな基本線を探して下さい。床のタイルの線や家具の床と接している真直ぐな部分です。床の真直ぐな部分=基本線の平行に立ち前傾してみて下さい。下を向いたままで両肩のラインがスタンスに平行かどうかチェックします。多くの方が右肩が出た構えをしがちですのでチェックしてみて下さい。

2.スウィング中は軸の維持が重要です。
体の正面、顔の中心からへそに繋がる正面軸です。そして前傾した状態の前傾軸の二つがありスウィング中はこれを維持しなければなりません。簡単な練習は壁に向かって立ち前傾して頭をつけます。頭をつけたまま両手を前にしグリップの形を取ります。クラブ無しでスウィングしてみて下さい。正面軸が左右に動かないように、腰が左右に動かないように注意して回転しましょう。ポイントは頭を壁に付けたまま行うことです。

3.リズムに合わせて体を動かす。
体重移動がスウィングの要ですが、この体重移動に合わせてクラブを体から離さず振ることが重要です。上半身中心の手打ちは、体重移動とクラブ操作の一体感がない状態で上半身のみでボールを打ちに行きます。これはスウィングリズムが一定にならない上に、ヘッド軌道がアウトサイドからボールに到達します。2.の壁に頭をつけたまま腰の回転をしてみましょう。バックスウィング開始で左足を上げ、ダウンスウィングで開始と同時に左足を着地させます。リズム感を重視した練習です。

4.真直ぐ飛距離を出すなら柔らかく握る。
日常生活で物を掴むとき必要以上の強い握りはしません。どの程度の強さで握るかは物にもよりますがあまり強くは握りません。鞄を持つ時の強さ加減、車のハンドル操作する時の強さ加減、これらの強さ加減は必要最小限と言っても良いでしょう。何か物をつかむとき、クラブのグリップを握ることをイメージしてみて下さい。グリップは太くありませんので指の付け根でつまむようにして軽く握って下さい。電車やバスの車内のつり革を掴むとき指の付け根で軽く握るイメージです。スウィングスピードをアップするためには手首を柔らかく使うことが前提ですから、体とクラブの接点である手はクラブをソフトに握る必要があるのです。

5.鏡に自分を映す
スウィングはどうなっているのか自分には分かりません。いつも鏡に自分を映しスウィングチェックする必要があります。等身大の鏡が無い場合は夜間ガラスに自分を映すことができます。要点は軸をキープしてスウィングが出来ることですので、まず頭を左右に動かさないこと、腰がバックスウィングで右に流れないことです。バックで左肩が下がる方はスタート時に左肩を止めずに、少し右にずらすと下がらなくなります。鏡に向かっている時は真直ぐ前を向いた状態でスウィングをして下さい。

6.遠近感はアプローチに不可欠
家の中でぐるっと見渡して下さい。あそこの冷蔵庫まで何歩、ごみ箱まで何歩、入口からベランダまで何歩などと遠近感を養うチェックを時々やってみて下さい。そして実際歩測してみて下さい。誤差が少なければ自分の遠近感が正確なことが分かります。外でも同じようにやってみたら良いでしょう。コースでは歩測する場合もありますが、殆どの場合、おおよその飛距離を確定し、その距離を体が認識しスウィングで同調します。つまり見た目の遠近感がアプローチの基本になるということです。

このようにざっと並べただけでも家で練習できることは沢山あります。練習場でボールを打つことは練習には効果的ですが、家で行うシャドートレーニングは時間に制約があるゴルファーの上達を促進してくれるはずです。ちょっとした時間を見つけてぜひ実践してみて下さい。

年末年始レッスンをシラチャで行いました

明けましておめでとうございます。

恒例の年末年始レッスンをシラチャで行いました。

期間は12月29日から1月3日まで6日間で、コースはカオキオCCです。このレッスンは年末年始の期間中皆さんのご都合の良い日にち、期間を設定し、ラウンドしながらレッスンを行うというもので、コースラウンド前には2時間の練習場レッスンがあります。

レッスンの主旨はコースマネージメントであり、如何にしてスコアを作るかがメインです。勿論レッスン前の練習場レッスンでスウィングに問題点があれば修正していきます。

ただコースラウンドでは大幅なスウィング修正は出来ませんので、スウィングリズム・ボールポジション・スタンスの方向・テークバック・トップの位置などすぐ改善できるポイントのチェックが中心となります。

練習場での課題は地面にあるボールのインパクトの考え方その方法です。地面にあるボールをヒットするには地面を打つことを理解し実践する必要があります。皆さん地面を打つことに慣れていない為、どうしてもトップボールを打つことになります。地面を打つイコールダフるイメージが強いためボールだけを打とうとします。

フルショットの場合のトップは、正しいインパクト(フェースにボールが乗る)が出来ない為、距離が出ません。アプローチの場合のトップは、正しいインパクト(フェースにボールが乗る)が出来ない為、スピンコントロールが効かず距離をオーバーしてしまいます。ドライバーを除く全てのショットはフェースにボールを乗せることが大切であり、そのために地面に完全に接地しなくてはならないのです。スウィングが大きい場合上から叩く、アプローチのように小さなスウィングは叩くというよりブラッシングという感じになるでしょう。

カオキオCCはピートダイ設計の(ダイデザイン)戦略的な27ホールのコースです。過度にトリッキーな設計ではありませんがグリーン周り等では難易度が極めて高くなっています。池も多く上級者でもスコアをまとめるには苦労するようなコースです。ティショットは周辺の景色にプレッシャーがかかるでしょう。周辺の景色とは大きな池であり、口を開けて待っているバンカーのことです。

ショットが曲がった場合に注意しなければならないのはOBであり行く手を阻む樹木です。グリーンだけを見てショットした場合大きな木に当たる危険性があります。様々な手段でプレイヤーのミスを誘引する方法が講じられています。一筋縄ではいかないコースという印象があります。

今回のレッスンに参加された方々は、90台で回る、シングルを目指しているという方々ですが、他のコースラウンドより難易度が高いコースに苦戦しておりました。

しかし難しいコースにチャレンジし、ミスをしながら失敗に学ぶという考え方が上達の基本ですから、吸収も早かったような気がしました。ショットが殆ど真直ぐに行く人はバンカーショットの経験が少ないためバンカーは上手くないという考えが普通です。数多くのバンカーショットを行い、どうすれば簡単かつ正確にバンカーショットが打てるのか分かるようになってきます。ミスしても同じミスは段々減ってくればよいのです。

今回のレッスンで、4日間受講のバンコクのHさんは本当に研究熱心でした。上級者でさらに上を目指す場合研究心は不可欠ですので研究心は継続して下さい。ベトナムから3日間参加されたKさんは粗削りですが可能性の高いプレイをしていました。ショットの精度はリズムとバランスに尽きると思います。全く当たらなかったドライバーも最終日にはナイスショットが打てるようになっていました。日本から2日間参加のMさん、Tさんはラウンド回数が少なくなり練習量も減少しているようでしたが、随所に可能性を秘めていました。今後の練習量に期待します。1日参加のKさん、Hさん、Iさん練習量が少なく感じました。是非体重移動とスウィングのタイミングを確認して下さい。飛ばそうとしなくてもタイミング良くフェースの芯に当たれば真直ぐ遠くまで飛ばすことができます。ナイスショットも出ていましたので練習して自信を付けて欲しいです。

ゴルフは、一回でもナイスショットが打てれば「出来る」なのです。偶然とかたまたまなどと考えないことです。ショットは難しいと言わず、出来ることを練習により確実なものにし、自信をつけることが肝要です。

今回のレッスンは難しいコースでプレイし、ミスをしながら多くのものを学べた気がします。失敗を恐れず失敗の中にヒントが隠されていることを確認し、そこから成功に結び付けるものを是非見つけて下さい。今回はそのようなきっかけを見出すことが出来たと確信します。

参加者の皆さん大変お疲れ様でした。