FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

ラフからの順目と逆目のアプローチ

ラフから打つ10~30ヤードのアプローチで順目と逆目の打ち方に若干の違いがあります。

今回はスコアを決める大事なアプローチについてお話しします。

ラフからの順目の場合は、ボールのある状況にもよりますが、ヘッドとボールが直接コンタクトするため、芝の影響はあまり受けません。

なぜなら芝の方向が目標方向に向かっており、インパクト時にショットにかかる影響は殆ど無いからです。

ただ注意すべきはボールが芝の上に浮いているか、または地面に近いところに沈んでいるかをチェックすることです。

浮いている場合は、ヘッドがボールの下を打つダルマ落としにならないよう注意しなければなりません。若干クラブを短く持つことをお勧めします。順目逆目問わずです。

潜っている場合はボールにコンタクトすることを第一に考え、スウィングは若干大きめ、ゆったりスウィングを心がけましょう。

問題はラフの逆目の場合です。

この場合は芝目が目標方向と逆になっており、インパクト時に芝の抵抗を受けるためスウィングスピードが下がる場合が多くあります。

ヘッドのスピードがダウンすることによりショートしてしまうケースが非常に多いのです。

このような状況では順目より少し大きなスウィングで対応すること、順目のアプローチより少しテンポを速くすることでしっかりインパクトすることができます。

強く打つという意識は必要ありません。単純に芝の抵抗をクリアするため少し大きなスウィングで、少しテンポを速くするのみです。

また、芝の抵抗を軽減しヘッドを滑らせるため、フェースを若干開く方法もあります。

順目逆目共にすべきは、フェースにボールを乗せ目標に運ぶ感覚が重要です。強くヒットすればラフはクリアできるという状況ではありません。

また、スウィング中はスウィングが緩まないようにしなければなりません。インパクトゾーンでスウィングスピードがダウンすることで芝の抵抗をクリアできなくなってしまうからです。

アプローチを成功させることでパットが楽になり、好スコアに直結します。是非コースでトライしてみて下さい。

スポンサーサイト



ラフから打つ左足下がりのアプローチ

前回はラフから打つ10~30ヤードのアプローチで順目と逆目の打ち方についてお話ししましたが、今回は少し難しい左足下がりのアプローチです。

ラフからのアプローチでの注意点は、インパクトで芝の影響を受けるか否かに注目すべきですが、左足下がりのアプローチは、ヘッドの着下点を確定することです。

これは右側が高くなっているためダフリやすく、ダウンスウィングでヘッドがボールにコンタクトできない可能性が高くなるからです。

目標に向かって立ちボールは少し右側にセットして素振りをしてみましょう。素振りでヘッドが着地している場所が確定できます。もしその場所にボールがなければヘッドにボールが乗らないためミスになってしまいます。

フェースは抜けを良くするため少し開きます。

10~30ヤードのアプローチではバックスウィングが大きく、フォローが小さくなってザックリやチョロになる可能性が高いので、左右対称のスウィングを心がけましょう。インパクト後もヘッドを目標に向かわせることが大切です。

またこのショットで気を付けなければならない点は、無駄な体重移動は必要ないということです。バックスウィングの体重移動は最小限にしなければなりません。

ダウンスウィングは傾斜地に沿って、体全体を使った回転が必要になります。右足は高い方にあるため少し邪魔になりますので、右足を後ろに引き左足一本で回転することが効果的でしょう。

斜面がきつければきついほど、不必要な動きがミスに直結します。

慌てず急がずゆったりしたスウィングを心がけましょう。

難しいショットは一息ついてから

ゴルフショットにはミスがつきものであって、皆さん如何にミスをしないかを考えています。

ラウンド中はミスを完璧に改善することはほとんど不可能ですが、修正は出来ます。ミスショットが出たあと、何が悪かったのかその原因をチェックしなければなりません。

ミスした原因のチェックはすぐ行います。要因を一つか二つに絞ることです。そして素振りをしながら次のショットはミスを改善しようと決意し歩きだします。

さて今回のテーマ「難しいショットは一息ついてから」についてです。

スコアを崩す最大要因はミスの連鎖です。大たたきの原因は、やってしまったミスを次のショットで取り返そうとし、例えばバンカーや林またはラフから抜け出せなくなるなど、ミスが次々に起こる状況を指します。

ミスをした場合、ミスの原因を特定し次のショットを改善するためのアクションを起こすと述べました。ミスが連鎖状態になるときは、このアクションが欠落しボール地点に到着した後すぐに打ってしまい、また同じようなミスをしてしまうのです。

頭が真っ白などと表現する場合がまさにこの状態です。

TVやインターネット動画などでトーナメントが放映されています。ここ一番のショットをすべき時にミスをした場合、例えばPAR3でグリーンを外して深いラフに入った場合などですが、このような状況下でプロはどのように対処しているのでしょうか。

まずは、ボールがある状況をしっかり確認した後、ピンまで歩測しながら傾斜を確認します。またミスの後ショットをする前に水を飲む光景をよく目にします。

確認、測定、水を飲むという一連の行為は、時間をかけ自分を落ち着かせているのです。水を飲むのは喉が渇いているからではありません。

プロはこのようにしてミスの連鎖を防ぐ手段をとっています。ミスしても次にそれを繰り返さないような準備をしている。これがスコアを維持する為にすべき大きな要素と言えるでしょう。

皆さんもミスショットしたときは、ミスの原因を分析し、次はこのミスはしないと決意し、現場に到着した時は、焦る気持ちを抑えながら、ちょっとしたアクションを起こして下さい。

ボールの状況、打つ方向の距離と傾斜を確認しながら時間をとって下さい。決して現場に着いてすぐ打ってはいけません。ちょっとした時間をかけて自分を落ち着かせて下さい。

次のショットがナイスショットにつながり、ミスの連鎖を止めることができるでしょう。

コースでトップやチョロが多い

ラウンドレッスン等でコースに出た場合、トップやチョロのミスが非常に多く見られます。

今回はトップやチョロの原因を探り、ミスを改善したいと思います。

トップの原因

1.ボールをすくい上げる感覚で空中に向かって振ってしまう。
2.インパクトで伸びあがる。
3.インパクトでヘッドアップしてしまう。
4.インパクトで左軸足に乗っていない。

対処方法

1.地面にあるボールを打つにはクラブのヘッドが地面に到達しなければなりません。つまりはヘッドを上から下(地面)に降ろすことをしなければならないのに、ヘッドを地面ではなく上に振っています。インパクトで腕が曲がるすくい打ちが多く見られます。

この場合は、両腕を伸ばして地面を叩くべきです。ボールに当たった後ボールの前方、目標側の芝を削るような意識も持ちましょう。

2.インパクトで伸びあがることはある意味重要ですが、ボールを打った後の体の伸び上がりではなく、ボールを打つ前の伸び上がりはミスショットに直結します。

股関節から前傾した角度を保ちながら、フォロースルーまで起き上がらない素振りを習慣的に行うことが効果的です。

3.ヘッドアップはトップする原因を作ります。頭だけがボールの行方を見ていれば問題ありませんが、起き上がりながらボール方向を見ることでヘッドが地面に届かなくなってしまいます。

4.インパクトで左軸足に乗れない場合は、体重が右にかかった状態ですのでヘッドがボールに届く前に地面に当たるため、ダフリ・トップ・チョロになります。

スウィング中の体の軸が上下左右に動くことで、インパクト時にヘッドがボールの所に戻らない。構えた場所と違う場所に降りてくることになれば正しくボールをヒットすることはできません。

トップやチョロを改善する基本的なことは、スウィング中は軸をキープし、インパクトで前傾角度を保つことが重要です。

クラブを持たずに鏡の前に立ち、正面と側面から、軸と前傾角度がキープされてスウィングしているかどうかチェックしてみて下さい。

家ですると効果的な練習は?

練習したいがなかなか時間が取れない、そんな方も含めて日頃から家で練習する習慣を提案します。

練習場では何とか打てるのに、コースではなかなか練習場のように打てない方が多いと思います。これは練習場ではミスしても繰り返し打てる安心感があるのに対し、コースでは景色や緊張感が全く異なる中での一発勝負の為です。

多くの方は、スウィングをほぼ頭で理解はしているものの、体が覚えていないとも言えます。スウィングは無意識状態ですることが大切であり、考えながらすることは同じスウィングができないと言えます。

このような状況下、練習場でボールを打たなくてもスウィングの動きを覚えてしまえば、ある意味で無意識状態でスウィングをすることができます。

その練習方法は以下です。

1.パターは最もスコアに直結するスウィングです。1-2mの距離を出来れば毎日、時間は5分程度です。時間があれば何回もやりましょう。飽きたり疲れたらすぐ止めるのが継続のコツになります。

2.両手を体の前で合わせ、手を垂直にします。背筋を伸ばしたアドレスの形をとります。この姿勢からハーフショット(腕が地面と平行)をします。ポイントは両手は上を向いたり下を向いたりしないようほぼ垂直になったままスウィングすることです。切り返しは腰から行うようにしましょう。

3.少し大きめのタオルを用意します。片方を結び重くします。結んでいない方を持ち、ハーフスウィングまたはクぉーたースウィング(手が方の高さに上がる)をします。ポイントはフィニッシュで結び目が背中の同じ場所に当たることです。

4.クラブを振る場所があれば、PWの片手素振りをお勧めします。クラブのヘッド側を持ってハーフスウィングです。腕が地面と平行の所でトップを作ります。体全体を使う、特に下半身と腕手首を使った素振りです。フィニッシュはトップと同じ位置にします。スウィングスピードアップには効果的です。

またスウィングメトロノームなどを使い、同じスウィングテンポでタオルやクラブを振る練習も効果的です。

これらの動作を繰り返し行うことで、体の動きが自然にできるようになります。そして自然な体の動きこそがナイスショットのに直結するのです。

是非お試しください。

アプローチミスをなくす

このコーナーでもう何回もお伝えしているアプローチミスの撲滅についてです。

グリーン周りまで来ました。あとは寄せてパーやボギーという状況ですが、この大切な局面でどうしてもミスが出てしまいます。ミスの内容はザックリとトップです。

本番で10~30ヤードのアプローチをする場合は、基本スウィングがパターだと思いましょう。パターで打てる距離なのにパターが使えない、よってAWやSWによるアプローチをする状況であることをまず理解して下さい。

10~30ヤードのアプローチをする場合は以下の点をチェックして下さい。

1.ボールの前で必ず素振りをして振り幅をチェックする。
2.素振りでヘッドが芝に触れる場所にボールをセットする(スタンスの移動)
3.グリップをパター同様にしっかり握る。
4.力を緩めないパタースウィングで、ゆっくりショットをする。
5.素振りをしながらボールがピンに寄って行くイメージを作る。

上記2.の場合は斜面でのショットになります。斜面の場合のボール位置はスタンスの中で移動します。例えば左足下がりの斜面ではボールは右側に移動しなければなりませんし、左足上がりの場合にはその逆になります。

使用クラブのAWやSWにはバンスがついています。バンスとはソールの裏側の出っ張りのことですが、この出っ張りこそがヘッドを滑らせる工夫がなされた仕掛けになります。

アプローチショットをリーディングエッジから綺麗に入れて、ダフらせないように打つのではなく、ダフらせながらヘッドを目標方向に滑らせることで、ボールをフェースに乗せる動作をすべきでしょう。

大きなバックスウィングから調整した小さなインパクトでアプローチショットをするのではなく、しっかりと握ったグリップでヘッドを走らせないように振る必要があります。

このようなスウィングでザックリやトップは劇的に少なくなると思います。

是非練習場で試してみて下さい。

非常事態宣言下のゴルフ

2020年3月26日に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止のための非常事態宣言が発令され、一部を除くすべての商業施設が閉鎖されました。

3月末からゴルフ練習場やゴルフコースも営業を停止しました。

あれから約2ヶ月経過した現在、非常事態宣言は解除されず、5月31日まで継続されています。しかし練習場やゴルフコースは制約がありながらも営業を再開しました。

現在の制約は主に以下です。

1.プレイは予約必須(ウォークインは原則認めない)
2.カートは強制使用(歩きプレイは認めない)
3.支払いは口座振り込みの場合がある
4.シャワー利用不可の場合がある
5.レストランの飲食は外のテラス席を使用する場合がある
6.カートはキャデイとプレイヤーの間に仕切りがある

時間の経過、感染状況の変化に応じて種々の制約は徐々に解除の方向に向かうと思われます。

しかしながらプレイヤー数の減少は著しく例年の状況に戻るには時間を要するでしょう。

また先日あるゴルフコースに伺いましたが、平日でしたが1650Bのパッケージで対応していました。グリーンフィ、キャディフィ、カート使用料全て込みで、通常時の価格から1000B以上のディカウントでした。

ゴルフコースは入場者数の多寡に関係なく整備が必要です。完全にクローズし入場者がゼロという日が続いたとしてもコースの管理費、ハウスの維持費、人件費、その他の費用が普通にかかってきます。

タイのゴルフコースが今後も継続していけるよう、皆様のご利用をお勧めします。

ミスしたくない斜面の打ち方

バンコク近郊のコースは殆どフラットですが、コース内には微妙なアップダウンが沢山あります。今日は斜面の打ち方を確認したいと思います。

一番苦手と思われるライは、前下がりと左足下がりの斜面ではないでしょうか。このような状況で、ミスを避ける打ち方をご紹介します。

まず、前下がりの斜面での体のセットの仕方ですが、ボールは平地より下にありますので腰を落としたスタイルでセットする必要があります。斜面の度合いにもよりますが、椅子に腰かけた感じになるでしょう。

膝の高さが変わらないようにして70%程度のショットをすれば良いでしょう。注意点はインパクトゾーンで膝が伸びる動きをしないことです。体が伸びることで空振りの危険性があります。

ボールへのコンタクトはアウトから入る為、スライスボールになりますので目標の左狙いでセットすべきでしょう。

もう一つの斜面の打ち方は左足下がりです。この状況も前下がりに良く似ています。

左足下がりの斜面では、最初から左軸足にしっかりと乗ることが大切で、インパクトで体が止まらないことです。やはり前下がりと同様70%程度に抑えたショットが必要になります。

ボールへのコンタクトは、前下がり同様アウトサイドからのコンタクトになります。

斜面の打ち方の基本は、斜面の度合いがきつくなればなるほど、下半身の動きや体のブレは少なくしなければなりません。

難しい局面になればなるほど、上半身中心のシンプルな動きになるといえます。
その意味では難しい斜面は、平地のショットと全く違うショットと言えるかも知れません。

練習場で是非斜面の打ち方を試してみて下さい。本番できっと役に立つと思います。

ショートアイアンの平均飛距離

100を切る、90を切ることを目標にしている場合、アイアンの平均的な飛距離が重要になります。この意味について考えてみたいと思います。

例えばパー3でのショット対策ですが、一般的にパーが取りやすいのはパー3ホールと言われています。確かに池やバンカーがグリーン周りにありますが、距離はさほど長くはありません。

ここでしっかりとしたショットが打てれば他のパー4やパー5などのホールより良いスコアで上がれることになります。ではしっかりとしたショットはどのように打つかです。

いつも練習しているPWから8番アイアンまでの飛距離を確定させることです。番手別飛距離は通常10ヤード刻みになりますので、PWで110ヤードの場合は8番アイアンでは130ヤードになるのが正しい飛距離です。

練習ではこれらのショートアイアンの飛距離を安定させること、方向性を出すことに焦点を当ててフルショットします。ポイントは何球打っても同じ打球になることで、飛距離と方向が安定することです。

正しい姿勢でショットするためには、スタンス幅、ボールの位置、ボールと体の距離、背筋が伸びている前傾姿勢、体の向きなどが重要な点です。これらを毎回同じようにセットする必要があります。

通常のフルショット練習はマットを叩くことが重要です。きれいな乾いた音がナイスショットの音になります。

また、ボールをティアップして打つことも良いでしょう。ボールをクリーンに打つことは平均飛距離を確定させるには効果的です。ダフリやトップが飛距離を変動させる一番の要因になるからです。

コースでラウンドする際にはティアップしますが、その予備練習的な効果もあります。

このようにしてアイアンの平均的な飛距離を確定させ、方向性を安定させます。PW、9番、8番を絶対的に自信のある頼れるクラブにして下さい。他のクラブのショットも大幅に改善されると思います。

サイアムCCローリングヒルズ

先日パタヤの名門サイアムカントリークラブ(以下サイアムCC)の新設コース、ローリングヒルズでプレイしました。今日はその内容をご報告します。

サイアムCCはオールドコース、プランテーション、ウォーターサイド、そして今回新設のローリングヒルズで4か所目トータルホールは81Hです。当コースは2020年1月に正式オープンとなっています。

コースの特徴は以下になります。

コースはサイアムCCウォーターサイドの2-3km先にあり、ブライアン・カーリーのデザインによる丘陵コースです。

フロントナインは割合とフラットですが、大きな木は見当たらずオープンな感じで水が絡むホースはありません。特徴的な5番ホール(ホール名Two-Faced)は、左右に分かれた2つのグリーンからどちらかを選択できるというユニークなホールです。

バックナインはアップダウンあるホールの連続です。16~18ホールはコースの最高地点になり雄大なパノラマが楽しめる設計になっています。

18ホール全般的な特徴は、アップダウンなコースレイアウトと特徴ある変化に富んだ砲台グリーン、そしてそれをしっかりガードするバンカーにあります。

コースはプランテーションに近い非常にダイナミックなコースレイアウトです。アイアンショットは方向と距離が合わなければグリーンオンは出来ません。ショートやオーバーした場合は、砲台グリーンに対し、ロブショットに近いショットを打たなければならない難しさがあります。

そういう意味でこのコースは初心者向けではなく中上級者向けコースと言えるでしょう。

バンカーは多すぎるくらい沢山あります。勿論バンカーは見せるバンカーもありますので一概にバンカーの多さが難しさに直結ということはないでしょう。でもこのコースのバンカーは相当です。

シグネチャー的と言える15番ホール、パー5のガードバンカーは、高低差6m以上で直接グリーンを狙うことは至難の技と言えます。

すべてのホールに名前が付けられています。ちなみに15番ホールは(ホール名Wall of Death死の壁)という名称です。

クラブハウスは大きく明るくレイアウトされています。外観はタイスタイルですが、ロッカールームやレストランのコンセプトはサイアムCC共通のハイクオリティでデザインされています。

サイアムCCは、格式のあるオールドコース、アップダウンのあるダイナミックなプランテーション、フラットだが池の配置が難易度を高くしているウォーターサイド、そして新しいローリングヒルズとどのようなプレイヤーの好みにも対応できるコースを取りそろえたという感があります。

是非皆さんもチャレンジしてみたらいかがでしょうか。